品質管理の基本:4M変化点管理と見える化

この動画は製造業の品質改善解説書シリーズ(社内研修用テキスト)のダイジェスト版です。
高崎ものづくり技術研究所では、自己学習、社内研修用に、音声解説付きDVDテキストを提供しています。詳細内容、お申し込みは、高崎ものづくり技術研究所ホームページよりお願い致します。

 

【書き起こし】品質管理の基本:4M変化点管理と見える化:DVD版若手リーダー品質改善テキスト:高崎ものづくり技術研究所 –

(00:00) ええええええ [音楽] 続いてここでは読む煙火店管理と見える化についてお話しします エラー振るう不可のため業務の中の些細な違いを見える化しいち早く変化に気づく 仕組みづくりを行っていきましょう 製造工程では予期しない出来事が起こってきます 工程設計は100%万全でないため qc 工程図通りにしても不良が発生してしまうことがあります 例えば機械が止まった異音がするなどを着たときに再び動き始めた後の製品は何か問題 が起きている可能性があるのです saw it 変化点における以上に早く気づき 不良が発生する前に初期をするのかが用 m 変化点管理の目的です 8 m 変化点管理を行う上で4つの重要ポイントは丸1以上を定義する マルニ重点管理項目を決めるマルサン予測可能な変化点発生時の管理
(01:13) 丸様突発的な変化体発生時の管理です まず用 m 変化点管理する上での重要ポイント 丸一以上を定義するマルニ重点管理項目を決めるについてです 管理をする上でまず必要なのは異常とは何か定義することです 以下の図の直行率とう泊まり率の推移を例にみていきましょう 異常発生時工程ごとの不良率 乱取りロス手直し数をみて原因を調査します その後う泊まり率を100%に近づけていきます また直行率にも注目し改善することで う泊まり率も改善していきます この表を見るとか光栄と総合組み立てのヘナを指数が2桁と高い数値になっています てなおすると正常品なので1件 現代のないように見えますがこういった以上を見える化して管理をしていくことは不量 を減らす上でとても重要です
(02:20) 次に om 変化点管理の実施フローについて説明します 変化点管理の対象は設計変更 工程変更日常変更でそれぞれに応じた手順を設けて管理していきます 管理の手順は丸一葉 m 変更管理対象の定義します あらかじめ変更することが分かっている マルニ舌筋変更工程変更などを定義し 変更後はまるさん初期流動管理を実施します 続いて丸4日常の変更管理 ここは日常頻繁に発生する変更についてそれぞれ変更前後の管理項目を決めて管理を 行います そして丸60用要因重要特製の監視を統計的手法などを使って実施します 異常を検出したら丸めな以上処理手順に従って対処していきます マルモの日常変動管理は予期しないよう m の変動が生じたとき 10代が起きないように処理ルート手順を決めておきます
(03:29) これは一般的な4 m 変動体温フロー図です 変更を行った際にどのように対処するか書かれていますがこのフローには実際に異常が 起きた時に原因究明と対策実施する考えが抜けているので要注意です 管理者は以上が何か気がついて異常が起きた時に対処へ切るようにしておきましょう 管理者が以上を何か気づくためには見えるかが非常に重要です 見えることがきっかけとなり認識し 思考判断し行動につながっていきます 工場内の様々な受賞を見える化していきましょう 丸一工程内の以上製品の以上を見える化する マルニ歴を見える化する設計変更 材料変更などまる山トリガー点を見える化する 管理原価居丸4情報を見える化する 正しい情報を必要な時に必要な人に伝わるように 手書きで行っているところが多いですが最近ではデジタル化も進んできています
(04:40) 情報が見えなければ作りすぎては地 日号太鼓不良を作る無駄が発生します 日常管理で必要な情報は顧客情報 生産進捗情報変更情報 品質情報などです [音楽]

★PDF版解説書(社内研修用テキスト)の詳細・お申込み
http://factorysupport-takasaki.com/article/424984376.html
★DVD版解説書(社内研修用テキスト)の詳細・お申込み
http://factorysupport-takasaki.com/article/461790700.html

高崎ものづくり技術研究所は現場ですぐ使える品質改善手法・ツールの研究を行っている
日本最大級の品質管理情報専門サイトです。
★ブログサイト:http://factorysupport-takasaki.com/
★公式サイト:http://monozukuri-takasaki.com/

関連記事一覧