【工場見学】サステナブル染色工場・木曽川染絨株式会社

岐阜県・羽島郡よりサステナブル染色工場・木曽川染絨株式会社の工場紹介動画です!

12月17日開催「CRAHUGオンライン工場見学イベント」にて、放映されました工場紹介動画になります。参加して下さった方も、そうでない方もより普段着用する衣服の製造の裏側や染色工場についての理解をより深めることができますのでぜひご覧ください!

 

【書き起こし】【CRAHUGオンライン工場見学】サステナブル染色工場・木曽川染絨株式会社 

(00:17) みなさんこんにちは 基礎は専従株式会社工場長のままです 本日はオンライン工場見学にご参加 いただきましてありがとうございます 私どもの会社は岐阜県の三大河川である 自然豊からひそ川のほとりにあり 丸編みニット生地を中心に先染め後染めの 染色整理加工を行っております 今回はなかなか見る機会のない工場8をご 案内をいたします それでは行きましょう 準備工程です まずは主権姿勢とをご案内をいたします こちらの試験室では cc 6 コンピューターカラーマッチングシステム 自動懲役機 多色回転 pot 試験機等を備えてい
(01:21) ます お客様からご依頼された色を直接染色工程 で選手ことはできません 以前に ccm で色敗5分量を計算させ それを基に10g の記事を実際試験機で 染めて 出てきたよ澪かお菓子 お客様の色と合わせていきます 染色する色目のデータができたら染色工程 へと進めていきます 続きまして 染色工程です 転職の幻夢には 量産機が18台 家部材が常圧益留線しょいっ 12台が高圧益留線食器 白井が送金専用の染色機となっています 試験機は
(02:28) 常圧益留線書記が1台 押圧益留線書記が4台で試験加工を行って おります 常圧駅牛鮮食器は 天然素材や某いるのおんぶで染色できるた ものに使用し ゆっくり回転させ 素材にダメージを与えないように選手口を しています 押圧染色機は 合成繊維 複合繊維を中心に 小ロットから大きなラットまで 染色する素材 編み組織にあった選手灸をするようにして います 昔の線食器は大量の水を使用つか使用して いましたが 現在導入している染色機は体よく日タイプ で 環境にも優しくなっています 染色から出たたんもは
(03:32) 水分をかなり含んでいるため 遠心脱水機を使用して脱水作業を行います 染色する時には 丸編のため 通常の状態で線修復するものと 染色する前に 記事を書いたんして開きの状態で染色する タイプと2つあります 染色後の丸の筒状では その次の仕上げ工程ができないため 書いたん気を使ってたた方法にカットして 開いた状態で仕上げ工程へと進んでいき ます 素材編み組織によっては収縮率が不安定な 反物もあり そのような単語のはタンブラー乾燥機を 使用してフリーな状態で乾燥させ 仕上げの工程へと進めていきます 次は仕上げ工程です 染色からってきたたものは濡れた状態で
(04:39) 仕上げ工程へともあってきます はじめに通す機会は観測です 乾燥機のそのまま一度乾燥して2回目に 樹脂加工するものをや 記事が濡れたまま師資格をするものや 甘受し受けずにそのまま乾燥のみで加工 するものにわかります 樹脂加工は 反物を実装通してマン軍で均一に絞り 感想へと塩族に加工していきます 樹脂加工兄は柔らかくする柔軟剤や 硬くする方仕上げ座 特殊加工で抗菌加工 吸水加工 蓮井過去 その他色々の加工方法があります ここで吸水加工をしたものと撥水加工をし
(05:46) たものでの比較を実験してみましょう 左側が撥水加工 水が生地に染み込まず歯 gt 6が 分かります 同じく右側が吸水加工です 伊豆を落とすと瞬時に水が吸収するのが わかると思います 撥水加工することによりちょっと下は水で も服が濡れなかったり 吸水加工は運動中汗をかいても瞬時に汗を 吸い 拡散させ早く乾かす声いるため スポーツ向けの衣料に向いています 次は連続上重機です フォトン部が最終試合拘泥で通す機会で 大きなドラムを通すとき 上記を出して 抑えて 反物の姫を向上させています 次は肝高中です
(06:53) こちらの向上には 親父起毛といって 生地の表面を回転する針で引っ掻き 怪我を出す機会です 開店3 dram を速くしたり 遅くしたり 機械を通す回数を増やしたりして 毛羽感を調整します 次はシャーリング機です 生地表面の牙をカッツする機会で 毛羽感の雷生地のクリアー仕上げができ ます アプは きもーもー東長さを長くしたり 短くカットしたりして調整を行います あとはポリッシャー気があります ポリッシャー機は起毛加工後機会を通す ことに一方方向に毛並みを整える加工機
(07:58) です 一般にシャギー仕上げと呼ばれております 本社行動に戻り セット機です 仕上げ工程の最終に幅長さを企画にあわせ て高い熱をかけ 記事を安定させる機会です このセット機も最小幅90cm 最大3ネーター50まで幅を設定すること ができ 広幅は 機械の後ろ側でセンターカップをして2枚 取りをすることもできます これで仕上げ工程を終わります 次は検査工程です 最終仕上がってきたたものは染色堅牢度 対抗 洗濯汗 まさせなど また物性試験 洗濯収縮プレ収縮ピリングなど
(09:06) 基準値外に合格したものだけを検反機に かけ 検査員が 色目風合い 記事の姫 車高はしてないか 1曲はしれないか 記事での決定はないか 糸付があに行きず飛び込みなど また加工での欠点はないか 汚れ 村など これらを採集 企画の幅長さに合っているかをチェックし て巻き上げていきます 巻き上げたたものは自動包装機を使って ビニール包装をします 最終お客様からの出荷先へと工場から出荷 されていきます 皆さんどうでしたか 白い生地に色が付き いろいろの風合いに変化して仕上がってい ましたよね
(10:11) 私ども常に新しい過去 開発に力を入れ ここ近年では天然原料を使った草木染にも チャレンジをしております また環境問題やお客様のニーズにお応え 出来るよ全社員で良いモノ創りを目指し たいと思っております 本日はオンライン 工場金額にご参加いただきまして ありがとうございました

【木曽川染絨についてもっと詳しく知りたい方】
▼CRAHUGのジャーナルサイトにて、インタビューや商品紹介記事掲載中!
https://www.crahug.jp/ja/post?tag=kiso

【kiso】
心身の基礎を整える
自然から生まれる安らぎ感ある色をお届けします。
▼商品一覧はこちら
https://crosset.onward.co.jp/items?bc=365

―CRAHUGとは?
CRAHUG(クラハグ)は、
日本各地の工場と共に持続可能なものづくりを考えながら、想いやりのある優しい暮らしをグローバル発信していくプロジェクトです。もの・ひと・ことに光を当てながら、ジャーナル発信やEC販売を行っています。

■公式WEBジャーナルサイト
https://www.crahug.jp/

■ECサイト/オンワード・クローゼット「CRAHUG 日本の工場と繋がる店」
https://crosset.onward.co.jp/shop/crahug

■公式Instagram
https://www.instagram.com/crahug.official/

関連記事一覧