【協働ロボット】- 2つのハンドで効率化を実現 - デュアルグリッパーを使用したマシンテンディングアプリケーション

マシンテンディング(加工機のワーク取り出し・投入)は自動化の余地がある作業です。
ワークの出し入れを人手で行うことが多く、加工中は作業員の待機時間が発生するためです。

協働ロボットを加工機の前に配置し、ワークの投入・取り出しをロボットに置き換えることで、作業員は別の仕事に従事できるようになります。

1台のロボットに2つのハンドを取り付けられる「デュアルグリッパー」を使用しており、加工後ワークを取り出した後すぐに加工前ワークをセットできるので、タクトタイムの削減が可能となります。

またカメラを搭載してあるので、加工前ワークがバラバラに並べられていても位置を正確に把握しピッキングします。
ワークを整列させる手間が省かれ、さらなる生産性向上が期待できます。

関連記事一覧