メタン/LOX 60kN級ロケットエンジン GG :Gas generator 燃焼試験(インターステラテクノロジズ)

インターステラテクノロジズ株式会社によって開発中の軌道投入ロケットZERO用
60kN級エンジンのガスジェネレーター試験。
ISTのロケットエンジンとしては初めてインジェクターに金属3Dプリントを採用した。
また、ISTで行う燃焼試験としては初めて液体メタンを燃料として用いた。

試験場所:インターステラテクノロジズ大樹ロケット射場・実験場
(北海道スペースポート LC-0)
試験実施日: 2022年6月16日
燃焼ガス温度: 400℃
噴射器: 衝突型
推進剤: 液体メタン/LOX(液体酸素)※試験時はLNGを使用

Static firing test of gas generator for 60kN Liquid Methane/LOX engine

Interstellar Technologies Inc. (IST) have successfully completed a static firing test of our gas generator.
This gas generator, along with the 60kN engine, will go on our developing orbital rocket, ZERO.
This is the first time IST is using a 3D printed metal for our injector, and also the first time IST conducted a captive firing test using liquid methane as a fuel.
Test Location: Hokkaido Spaceport Launch Complex-0, Taiki-cho, Hokkaido, Japan
Test Date: June 16, 2022
Combustion Gas Temperature: 400℃
Injector Type: Impinging injector
Propellant: Liquid Methane/LOX *LNG was used for this test

エンジニア募集中!ロケット開発経験がなくてもOK!
世界で闘うロケットを一緒に作りましょう
各職種の募集要項はこちら

公式Twitter

コーポレートサイト

ふるさと納税でロケット開発を応援!
大樹町自慢の返礼品もお届けします
https://www.furusato-tax.jp/gcf/1671

関連記事一覧