「できる!金属積層造形もFusion 360 ~Additive Build Extensionのご紹介~」SLM方式の金属3Dプリンタを利用の方、必見!

Additive Build Extension を使用することで、SLM方式の金属 3D プリンタを用いた金属部品の製造と設計変更への柔軟な対応が実現できます。

部品の向きの自動設定、サポート構造の設定など効率的なプログラミングが可能になり、部品 の 3D モデリング、金属積層造形の設定、切削加工による部品加工の仕上げまで、一連の操作をすべて Fusion 360 内で完了できます。本セミナーでは、そのメリットをご紹介します。

Fusion 360 エクステンションの導入や商用利用についてご相談があれば contact.fusion360@autodesk.com までご連絡ください。

Additive Build Extension拡張機能のご紹介 https://www.autodesk.co.jp/products/fusion-360/additive-build-extension?term=1-YEAR&tab=subscription

※こちらのオンラインセミナーの情報はセミナー実施時点での情報となります。情報は予告なく変更されている場合があります。最新情報は公式HPでご確認いただくか、担当者へお尋ねください。

関連記事一覧