松浦機械工場見学 – 加工編 工作機械

マツウラの4代目、松浦悠人が松浦機械製作所の加工工場でのモノづくりを紹介いたします。

 

【書き起こし】松浦機械工場見学 – 加工編

(00:00) 松浦機械製作所へようこそ本社にある加工工場ではベッドや主軸など機械に使われる 様々な重要部品を内製しています 約60台の設備に対しオペレーターは少人数しかいません 基本的にすべての機会にあるとチェンジャーが付いており1人で複数台おたん をしています それではまつうらの最大のポイントである変種変量生産 そして無人運転を実現するためにどのようなものづくりを行っているか見ていき ましょう 私の左にある機械はビッグマムと呼ばれ 1987年に社内設備として自社で設計開発したものです 松浦の主力機種であるマム72シリーズはこのビッグマムの犬種変量生産のコンセプト をもとに作られました 松浦が御宿マルチパレット機を世界に先駆けて実現できた理由がここにあります 食べ方に台と横型2台が74面のパレットシステムにつながっており マシニングセンターのベッドコラムなどの妹のを五面加工しています
(01:09) 松浦は月に約50台の機械を生産しています 主数は26機種あり版枚数の多い機種は 月に十数台少ない機種は年に数台のものもあります このように松浦の生産スタイルは多品種少量 変種変量生産です このようなスタールには多数のジグをパレットに搭載したままにできるマルチパレット システムが最適であり必要な時に必要な量を生産しています こちらの英知+633ライト 52枚のパレットシステムでは5軸部品やヘッドなどの週もの部品を6人で加工して おります 我々の使用するツールの中には acc 可能サイズを超える大きなものもあります 本来オペレーターが手作業で交換する必要がありました しかしこのシステムではマルチパレットを利用した 松浦での無人化の取り組みとして台形ロングツールをパレットに搭載し工具交換してい ます
(02:15) パレットの繰り返し位置決め精度が良くないとパレット交換前後での位置がずれて加工 精度を保ったまま自動運転することができません 松浦のパレット繰り返し位置決め精度はプラスマイナス3ミクロンいないです このように非常に高い繰り返し位置決め生徒があるのであのような無地運転が実現 できるわけです これはパレットこだわりぬいて作っているからこそできる技です 松浦のパレットへのこだわりについて松浦社長が説明いたします パレットチェンジャー搭載機は パレット館の最小限のバラつ ならびに振り返す程度石上で パレットの単体制度は非常に重要です この制度を発生するために 実機と同じぷを持ちマスター plump 冶具を使用して ロータリー現場金で社員加工を行っています このようにパレットを1枚ずつ 丹念に県ばをすることで
(03:19) 最高の品質と制度お届けしております 松浦社長ありがとうございました このような徹底した作り込みは主軸でも行われております こちらは精密研磨室で船に安定した加工精度が出せるように重度プラスマイナス1度の 高音質になっております ここでは自社開発の hang 一体型主軸の外径内径 半面を1チャッキングで研磨しています 高速回転のためには高精度の部品が必要です 制度部員が取り付く面はもちろんのことそれ以外の面も シュリークシャフト全体の高精度を保つために研磨しております 松浦ではこういった制度の積み重ねが最重要だと考えるため 一切手を抜いておりません このように手間暇をかけ こだわりを持って作り込んだ松浦の機会は適切なメージュナンスを施すことで25年 以上長持ちします
(04:23) 松浦はその長い間伝統のモノ作りを守り 熟練のサービスを提供しなければなりません こちらの1チームボードでは松浦者委全員の顔写真を提示しております 写真は3世代のグループに分かれておりお客様が長い間安心して機会を5勝して いただけるよう 松浦の技術力が次の世代へと逆脈と受け継がれていることが分かります いかがでしたでしょうか松浦社内の鄭さん現場で培われた 変種変量生産のノウハウは松浦が得意とする マルツパレットシステムに生かされておりお客様からは非常に使いやすいとご評価 いただいております今回ご紹介したのは 加工工場のほんの一部ですぜひ 実際に松浦が本社構造にお越しいただき 自慢のものづくりをその目でお確かめください 工場見学は常時受け付けております

松浦機械製作所WEBサイト
https://www.matsuura.co.jp/japan/

関連記事一覧