松浦機械工場見学 – 組立編 工作機械

マツウラの4代目、松浦悠人が松浦機械製作所の組立工場でのモノづくりを紹介いたします。

 

 

【書き起こし】松浦機械工場見学 – 組立編

(00:00) 松浦機械製作所へようこそ 組立工場は大型機昨季を計算する 本社工場と中区大字機を生産する竹工場の2拠点あり その両方とも福井県にあります ん 製造業の中には神勤務安い国に生産拠点を持つ企業もありますがそういった地域は人材 流動性が高く 松浦のような高精度の機会を作るために欠かせない 熟練の技が受け継がれていきません 福井という自然豊かで真面目な人が多くいる地域だからこそ 熟練の技が今日まで受け継がれ松浦のモノづくりの根幹となっています それでは長時間無人運転と高精度を実現するために まつうらがどのようなものづくりを行っているか見ていきましょう まっすぐなものはまっすぐに直角なものは直角にん これは松浦なものづくりのモットーです例えば リアーガイドとリッジの進捗平行度はフルストロークで3ミクロンいないとなってい
(01:09) ます nc の機能を使えば多少の機械精度のズレはソフトウェアで補正することもできます しかし機械的な進捗度が確保されていなければ動く度にストレスを機会に与えてしまい 程度が維持できなくなるのです 熟練した職人が丹念な作り込みを行うことで安定した機械精度と長寿命を実現してい ます また機械の構造物が吸い付く面には提作業を行い計上野をしています 例えばコラムはわずかに後ろに反るように 傾向を受けしています これはコラムにヘッドのような重量部品が取り付くためでその重さによる変形で初めて 水平となるように1台ずつ提確保によって調整しているわけです このキサゲ作業について松浦社長が説明いたします 見立の肯定感です 重要な部品には
(02:12) このように尖閣を行っています これは当たり面を多くして減衰数を上げ そして機械の政府を出していく傾向をつける端です これらを繰り返して 一つ歳の部分の丁寧に見つけていきます 控えの精度はすべての見つけた部品の精度の罪かさんです その結果議会は最小限のストレスで出来上がります これは視界を長く使っていただくための我々の各データどぅ松浦視聴ありがとうござい ました あこのようなこだわりのものづくりは自社開発の主軸文た手でも行われていますここ こちらの主軸組み立て人はクラス線のクリームになっています 松浦が主軸を組み立てる際ベアリングの端未来を重視しています なぜなら主軸シャフトやベアリングの仕上がり寸法はミクロン単位でみれば一定では ないためです こういった微妙なばらつきに対応するため
(03:16) 一つ一つのベアリングと主軸シャフトの交差を計測し 松浦独自の濃淡による最適な組み合わせを選ぶことで体臭精度を保証しています このように手間ひまをかけて作りこんな機会は 構造出荷前に念入りに検査を受けます ご注文いただいた機会を実際に使ってお客様の目の前で実際にテストワークを削りその 場で検査結果までご確認いただきます 検査結果をお客様にその場で確認いただくのは我々のものづくり 自信と誇りを持っているからこそできることです いかがでしたでしょうか どれだけこだわって手をかけるかで最終制度は変わります 松浦の徹底した作り込みが進めて長時間無人運転と高い加工精度実現するために行われ ています 今回ご紹介したのは組立工場のほんの一部です ぜひ実際に松浦の本社構造にお越しいただき
(04:22) 自慢のものづくりをその目でお確かめください 構造見学は常時受け付けております voodoo ていません

松浦機械製作所WEBサイト
https://www.matsuura.co.jp/japan/

関連記事一覧