5Sの定義について【5S活動基礎講座:第2章】

製造業、ものづくり企業の改革・改善活動を支援するサイト、カイゼンベースです。
今回の講義は、「生産革新の為の5S基礎講座  5Sの定義について」です。
WEBサイトで見る :https://www.kaizen-base.com/contents/5s-42461/

5S活動を行なっていくにあたっては、5Sの定義について、しっかりと説明できることが最低条件です。
「清潔とは何のことですか?」と聞かれた時に、すぐ明確に答えれるように確実に覚えるようにしましょう。

この講座が、あなたの今後の活動に役立つことを、心から願っています。

 

【書き起こし】5Sの定義について【5S活動基礎講座:第2章】 

(00:05) みなさんこんにちは 改善ベースですこの講座は生産革新のための5 s 基礎講座第2章 ボイスの定義についてです 5 s 活動を行っていくにあたっては5 s の定義についてしっかりと説明できる ことが最低条件です 清潔とは何のことですかと聞かれた時にすぐ明確に応えれるように確実に覚えるように しましょう では早速学習を始めます 第2章では5 s の一般的な定義 自社流の定義を考えよう5 s の対象になるもの第2章まとめの順で学習を行います [音楽] まずは5 s の一般的な定義についてです 5 s という言葉は整備整頓清掃清潔躾をローマ字読みした際の頭文字の s を 撮ったものです
(01:12) それぞれの一般的な定義を説明していきます 生理とは必要なものと不要なものを明確に区分し不要なものを捨てることです 9分をするという部分がポイントです i s するというのは一般的に整理をするという意味で使います 整頓とは必要なものを必要な時に誰でも使えるようにすることです 誰でもという部分がポイントです に s するというのは一般的に整理整頓をするという意味で使います 清掃とはイエスされた職場を綺麗に維持し点検により異常に気づくことです 気づくという部分がポイントです 3 s するというのは一般的に整理整頓に加え 清掃まで行うという意味で使います なお掃除と清掃を間違わないようにしましょう 清潔とは3 s が維持管理できる仕組みを作り
(02:21) 職場を正常状態に保つことです 維持管理という部分がポイントです 4名するというのは一般的に3 s をただ行うだけでなく 仕組み作りまで行うという意味で使います [音楽] しつけとはルールを守り自主自律的に5 s を推進できる人材を育成することです 自主自立という部分がポイントです 5 s するというのは5 s に関わることを行うよメイスに加えて躾まで行う という意味で使います 以上のことからもお分かりのように5 s 活動は単なる職場の美化活動ではありませ ん キレイにするだけでなく仕組みづくりや人材育成まで含めた活動などです [音楽] 続いて自社流の定義を考えようについてです 5 s の定義は本に載っているものをそのまま使うのではなく自社流御アレンジし
(03:30) 会社職場の思いを吹き込むようにしましょう 例えばある食品会社では5 s の定義を次のようにアレンジしました 清掃は清掃洗浄殺菌により 職場の微生物が基準以下の状態を維持することと定義し清潔は3 s が維持できる 仕組みを作り 微生物レベルで職場をキレイに保つことと定義しました これは自分たちの工場では食品を扱っているという意識を強く持つことを狙いとし微 生物という圧倒的なレベルできれいな職場にしようという思いがこめられています もう一つある組立工場における正義の事例を紹介します この会社では5 s 活動を発展させ 7 s 活動として取り組んでおり大きな成果を上げています それぞれの定義について説明します 生理何が不要か誰でもすぐに判断できる職場を作る
(04:39) これは不要と判断できないから不要物が溜まってしまうという風習を打破したいという 思いがこめられています 0と6新人でも研修生でも迷わず働ける職場を作る この会社では外国人研修生も多数在籍しており日本語が十分にわからない人でも迷わず 作業ができるようにしたいという思いがこめられています 清掃こまめな清掃で以上がすぐに気づく職場を作る これは以上は現場の作業者が率先して見つける意識を高めたいという思いがこめられて います [音楽] 清潔徹底的な仕組み化によりになれない汚れない職場をつくるこれはなぜ乱れたり汚れ たりしてしまうのか 深彫りをする意識を高めてほしいという思いがこめられています 付社員全員が7 s を理解し説明できる職場をつくるこれは一部社員だけでなく全員
(05:49) が同じ目線で7 s に関する会話ができるようにという思いがこめられています 安全セーフティヒヤリハットが一切発生しない職場をつくるこれは 5 s 状態は安全にも直結することを意識させるために追加した定義です 笑顔 smile 苦しい時こそ笑顔で改善を進める職場風土をつくる これは職場の雰囲気が明るくなるように笑顔を意識してほしいという思いがこめられて います 本気で5 s 活動を行っている会社では 定義一つをとってもしっかりと自分たちの思いが入っていますあなたの会社職場では 定義は決まっていますか トップを始め自分たちの思いが込められたものになっていますか 今一度振り返ってみましょう [音楽] 続いて5 s の対象になるものについてです
(06:57) 5 s の対象になるものは何か 余命6と 1愛の視点で確認していきましょう 余命6とは1万もの混ぜリアル 設備マシーン作業方法メソッドの視点のことです 1マンに関しては挨拶の習慣づけ ルール順守の習慣づけ5 s に対する意識付けなどが対象になります ものまたリアルに関しては美品治工具 台車製品仕掛品原材料などが対象になります 設備マシーンに関しては機械設備運搬車両 パソコン電話機などが対象になります 作業方法メソッドに関しては各作業の手順書処理業務の方法を行っている業務自体 ルール判定基準などが対象になります
(08:04) これらのポイントはものや設備だけでなく習慣づけなどの人に関することやその業務 自体 手順判定基準などの作業方法に関することも対象になるということです また情報インフォメーションの視点からもパソコン内のデータ 稼働データ顧客情報記録表なども5 s の対象になります もうおわかりだと思いますが5 s は会社で行うすべての仕事に関係しているのです [音楽] 最後に第2章のまとめをしましょう 第一もの清潔の定義は何でしょうか 3 s が維持管理できる仕組みを作り職場を正常状態に保つこと これが清潔の定義です 第2問5 s 活動はどのような姿勢で進めていく必要があるでしょうか
(09:19) やらされ感で活動するのではなく会社や職場の思いを吹き込み 自律的な活動を行うことが必要です 自分たちの言葉で定義を決めたりルールを決めたりすることで自社流の5 s 活動を 推進していきましょう 第3問5 s の対象は人もの設備と後は何でしょうか 作業方法と情報です 5 s は物の置き方だけでなく会社で行うすべての仕事が関係します 業務の土台は5 s です 自主自律的な5 s 活動を推進することで強い会社へ変革していきましょう 以上で生産革新のための5 s 基礎講座第2章5 s の定義についての講義を 終わります 引き続き第3章5 s の効果についての学習を進めていきましょう 改善ベースでは改善活動に役立つ
(10:30) たくさんの情報を随時配信しています ウェブサイトでは限定動画が視聴できます チャンネル登録をして最新の動画配信情報をゲットしましょう

◆チャンネル登録により、最新の動画配信情報が通知されます。登録はコチラ : http://www.youtube.com/c/Kaizen-base?sub_confirmation=1

◆WEBサイト ( https://www.kaizen-base.com// ) で無料会員登録を行なうと、YouTubeでは非公開の講座を見ることが出来ます。

関連記事一覧