BEMAC 工場見学360度動画

 

【書き起こし】 BEMAC 工場見学360度動画

(00:02) それではこれより b 幕未来工場の案内 を始めさせていただきます まず未来工場の全体像についてご説明 いたします 弊社のフラッグシップ工場であるこの未来 工場は 2021年9月に新たな塔が完成し その頭の形状から こちらの頭を三角頭 こちらの頭をし各党と呼んでいます まず三角頭についてご説明いたします この三角塔は未来の船舶をイメージして おり 1回に製造部門3階に事務部門4階に社員 食堂や多目的ホールが設置されています 続いて資格等についてご説明いたします こちらの資格等は製造拠点の合理化と開発 部門の強化を図るために新設された工場 です ai や iot などの自治体の技術を 活用し 弊社の製造拠点全体のコントロール センターの機能を持つ スマートファクトリーとなっています それでは三角塔からご案内いたします
(01:07) こちらへお進みください こちらが三角棟3階のフロアとなってい ます 奥へ進みますと弊社の歴史を語る上で重要 な展示物があります こちらの船は渦潮丸といい弊社の創業者が 乗っていたとても大切な由緒ある船となっ ています 創業者が漁師出会った当時渦潮丸が盗難に 遭い困っていたところ地元の漁師の方々の 勧めにより漁船のバッテリー充電業を始め たのがリー幕の始まりです またこちらには弊社の3本事業の一つで ある ev 二部門の参議院車を展示して います また奥へ進むとジムフォロワーがあります こちらのフロアには陸上関係の営業工事部 も資材の調達部も船舶に搭載された弊社 製品の修理や点検多くのアフター メンテナンス部門があります こちらのフロアには船舶関係の営業部門が あります
(02:09) 各用製品の受注契約を担当しており弊社の 主要製品である種配電盤監視盤は国内 シェアナンバーワンを獲得しています また船舶の前走コーチと製品を合わせて 一括納入できるのは日本で弊社のみとなっ ており国内外からの信頼も高まっています それでは次の場所へご案内いたします 4階にございますこちらの場所は未来 ミュージアムと言います 弊社の製品や歴史について 皆様により詳しく知っていただくための 場所となっております こちらの入り口の壁には世界最大級の海事 都市で歩い周りの空撮パノラマ写真が掲載 されております 奥へ進みますと弊社の創業当初からこれ までの歩みを記した年表が掲載されており ます また このミュージアムには一風変わった展示物 があります それがこちらの操船シュミレーターです
(03:14) この操船シミュレータは 船員の教育や海難事故の検証などに使用さ れるもので他社と共同で製造販売してい ます 日本国内はもちろん中国シンガポールの 大学や教育機関への納入実績があります またこのミュージアムには他にも弊社の 伝送部門で使用する器具や部品 またその奥には弊社の製品の一部が展示さ れております それでは次にし格闘8をご案内いたします 資格等は1回の向上エリアと4階の開発 設計部門で分かれています こちらの設計部門では お客様から受注した製品を要望のあった形 はスペックに沿ってオーダーメイドで設計 しています こちらの奥側にございます開発部門では 決して止まらない船の実現に向けた様々な システムを開発しています 具体的には運航中の船舶に関するデータを iot データサーバーに蓄積し陸上から
(04:18) でも船舶を監視支援する次世代船舶支援 ソリューション まあ左腕のシステム開発や 蓄積したデータを基に船舶のリスクを監視 しトラブルを予測するデータ活用 アプリケーション海神があります 船舶の新たな未来に向け 弊社では様々なシステムの開発に取り組ん でいます それでは次に資格等の1階をご案内いたし ます [音楽] それではまりまるからの挑戦 問題6のヒントです イラストに関係する3桁の電話番号をかけ てみると 5桁の数字になるよ それでは工場エリアをご案内いたします 船舶を動かすための動力として前期は 欠かせないもので 弊社の製品はこの電気の流れを制御し船内 に最適な形で配分する役割を担っています この資格等では生産計画や作業の進捗状況
(05:22) をリアルタイムで電子データ化し 工場内に設置されているデジタル サイネージあ 担当者の使用するタブレットで確認できる ようになっています こうした取り組みが生産性を向上させ 製造工程の効率化を実現しています こちらの向上エリアでは 筐体に部品や電線を取り付け製品を完成さ せています こちらの製品は監視盤です 船内に搭載されているさまざまな機器や センサーが正常に作動しているか監視する 機能があります 弊社の監視盤にはデータロガーという自社 開発のコンピュータを搭載しており 線内で発生した以上を戦へ伝える重要な 役割を果たしています その他にも弊社ではし配電盤や集合し同 基板などさまざまな製品を製造しています 完成した製品はこちらで検査を行います エンジンの故障火災海水の侵入など
(06:26) さまざまな問題を想定してテスト信号を 送り警報装置が正常に作動するか何度も 確認をしています 常に最高の製品をお客様へお渡しするため 製品の隅々まで確認を行っています 検査に合格した製品はすねに搭載され 世界各地で航行する船舶の安全な航海を 実現し私たちの生活を支えています いかがでしたでしょうか 弊社はこれからも電気を通じて船舶の未来 と地域社会に貢献していきます 以上で b 幕未来工場の案内を終了 いたします またねー

関連記事一覧