イーロンマスクとのスターベースツアー[パート3]

ツアーガイドとしてElonMuskを使用してSpaceXのStarbaseランチパッドのツアーに参加します。これはパート3またはパート3なので、パート1とパート2をまだ見たことがない場合は、必ずそこから始めてください。

重要なポイントを含むこのビデオに関するメモが必要な場合は、私たちの記事をチェックしてください-https://everydayastronaut.com/starbase-tour-and-interview-with-elon-musk/

スターシップの概要が必要ですか?私たちの「スターシップの完全ガイド」であなたをカバーしてもらいました

00:00-イントロ
00:40-立入禁止区域、フロリダおよび石油掘削プラットフォーム
05:00-軌道発射台まで歩く
06:45-軌道発射テーブルの上
12:40-生命を多惑星にすることの緊急性
18:50-最終的な考え
19:35-エンディング


【書き起こし】Starbase Launchpad Tour with Elon Musk [PART 3 // Summer 2021]

(00:00) – こんにちは。ボクはEveryday Astronauntのティム・ドットです。 SpaceXのSTARBASEファクトリーと 発射場のツアー・パート3へようこそ。 イーロン・マスクが究極のツアーガイドです。 もちろんパート1とパート2をご覧でない方、 おわかりですよね。 まずはそちらをご覧ください 。 情報がたくさんあるからです。 しかし、パート3は少々様相が異なります。 発射台に足を運びます。 発射台は建築中でイーロンの職場をお見せします。 それから楽しい質問も聞かなくては。 以前と同様、YouTube再生バーは セクションに分かれています。 それらのセクションに詳細のリンクをつけています。 もちろん、記事バージョンもご用意しています。 メモや重要なことが書かれています。 動画内の会話に関してです。 everydayastronaut.
(00:39) comをご確認ください。 それではクルマに乗り込んで 発射台に向かいましょう。 – あの、 噴出によって 立入禁止区域の範囲が変わるんですか? 多少は Super Heavyが 発射を開始する際やフルスタックに取り組む際です。 – 人は間違いなく、その場にはいませんね。 区域全体をクリアにします。軌道打ち上げのためにです。 – STARGATEなどもそうですか? – そうそう。小単位のクルーがいます。 シールドがあって 頑丈な ルーフをシールドしてあって強化ガラスです。 でも何か異常が発生した場合には 発射全体に関わるもので、 そうなると爆発よりも火の玉といったほうがいいでしょうね。 実に巨大な火の玉です。 – 移動するんですか? 打ち上げ管制センターなどを。 それともSTARGATE管制センターに残るんですか? – 現在のところSTARGATEですね。
(01:45) – ところでボクまだなんです。街に戻ってきたばかりなんです。 ブースターがアップされてから初めてなんです。 だから、まだこれを見てないんです。 – ええ。たくさんの進展がありました。 素晴らしいチームです。 – どうかしてますよ。 ああ、とても高い。あれでもまだ一部でしょう。 – あれはプールタワーですね。 – でもですね。 ブースターでしょう。 – ああ、そう。そのとおり。 – ええ。タワーは完成しました。高さに関しては。 – そうです。 – ウワー。 – フルスタックはもう少し高くなりますね。 タワーよりも。 – なんてこった 。 第2タワーの作業もすでに開始してるんですか? – 検討中です。 – STARBASEは今後どうなるんですか? ここから打ち上げを行なうんですか? それとも石油掘削リグが軌道に乗ったら、どうするんです? – そうですね。 ここから打ち上げられる場合、 オペレーション上の困難がそれほどでなければ、 ここで続けるでしょうね。 でもビーチの閉鎖に関する課題が多少あります。
(02:51) こんな人たちもいるんです。 ビーチ閉鎖をそれほど望まない人たちです。 でも、ああ、打ち上げを成功させなきゃなりません。 こんなようなものなんです。 ここからのオペレーションをどの程度効果的にできるか、 なおかつビーチなどをどの程度、開放できるか。 – そうですね。 – だって私たちが決定することですから。 – 石油掘削リグに関してですが そのつまりですね、 石油掘削リグはどれほどの緊急性があるんでしょうか? もしくはこんな感じに考えているのでしょうか? そうしたものを進行していき そして2、3年後に 打ち上げ用にそれらを利用する。 – そんなに深く考えていません。 石油掘削に関して、現在は。 1台のリグのデモを行なっているところなんです。 だってデモができるからです。 爆破が得意な人たちですから。 – ええ。 – だから取り組んでもらってます。 ですから、方策に従事しているものではありません。 – どれぐらいのものになるんでしょう、
(03:56) そこから打ち上げをするとしたら? 数百マイルに及ぶんでしょうか? それとも10~15マイルでしょうか、海岸線から? – 考えてないですね。 – これはボクには貴重な体験です。 だって、ものすごく緊張してますから。 視認するのは難しいでしょうね。 あそこで打ち上げが開始されたら 。 – そうですね。 現在のところ、検討しようとしている段階です。 考慮しなくてはならないことについて。 – ええ。 ウワー。 目の前にあるのは、 あれはクイックディスコネクト ・アームですか? こちらの黄色いもの。すみません、これです。 あれはQDアームですか? それとも捕獲器の1つですか? – あれはQDですね。 ここで降りましょう。 やあ、調子はどうだい?
(05:02) – イーロン、見せたいものがあるんだ。 – OK。 – ハグしようじゃないか。 あんたのために用意したよ。 – ありがとう。 – 問題ないよね。 – ありがとう。 – 実現するよ。 – いいね、クールだ。 – 実現させるんだ。 – いいね。やあ、サム。 – こんにちは、サム。 – やあ。初めまして。 – やあ。 – やあ。 – いいね。クールだ。調子はどうだい? – いいよ。テイラーに計画があるんだ。現時点でのね。 – わかった。 – そう。そのとおり。 こちらを今日、移動したので1カ所にまとまりました。 明日には正式な場所に両フレームがあります。 – 了解。 – 今晩、すべてのプレリグを行ないます。 – カメラに撮影しても問題ないかな? そ
(05:31) の…… – いつでもボヤかすことができますよ。 – とってもシャイなんだ。 – わかりますよ。 – ええ。構いません。 – 彼女、カメラが好きじゃないんだ。 でも – 構いませんよ。 – さあ続けて。 – ええ。今夜、プレリグを行なって 2つのクレーンで リグを行ないます。プレリグなどです。 クレーン・オペレーターは明朝7時に到着します。 すべての準備を完了して 予備テストを行ないます。 – 了解。 – 大きな装置周辺のラインを片付けて すべてのものを片付けて11時間でリフトします。 – 11時間。OK。クールだね。 – ええ。 – わかった。素晴らしい。 – 長丁場です。 – ワクワクするね。 – 見えますよね。 フランジが発射台の下から出ているのが。 あのあたり。 – うん。 – あそこがTになってるでしょ。 上に登ってもらって そこから戦略を説明します。 – 了解。 このことを心配していると思いますが、 連中の立てた戦略は素晴らしいです。 その戦略や緊急時対応策を繰り返し行なっています。 – 了解。 – 昨晩ずっと 6人の溶接工がシェルフを完成しました。 だからジャックが完成しています。 だ
(06:24) から……。やあ、ジュリー。 一緒に行かないか? – 了解。 – さて。 あちらがジャックです。 各脚についています。 – 了解。 – すべて取り付けました。 あちらのコラムの上に シムプレートがあります。 半インチ、ズレていると考えています。 – 半インチ? – プレーンな状態からですね。 – そうか、了解。 – そこで彼らが 重量を追加して十分な高さにして ずっとクレーンを維持します。 ジャッキングしている間ずっとです。 ロバート、ラブプレートについて話してくれないか? 君たちが使ってるやつを。 – もちろん。さらに許可が下りれば 溶接ギャップ用に必要なものよりも ずっと大きなギャップができます。
(07:27) そこでてっぺんに あんな感じの肋材を設置します。 それで…… – そうか。 溶接です。てっぺんを溶接します。 – 大量の鉄だね。 – ええ。そしてここから、 発射台のほうにある小さなものを 位置合わせをします。 2枚のプレートがここにあります。 だから、こちらに来られます。 ロックして回転させます。 – ああ、わかった。了解。 – ええ。こちらがカギです。 こちらで追跡確認します。 – 了解。 – あちら側も同様です。 回転させると宇宙船が固定されます。 6つのジャックで。でも実際に必要なのは2つだけです。 ジャックは200トンあります。 しかし6つあるので、ダイアル合わせができます。 – 了解。 いいね。素晴らしいよ。 – ええ。移動して 中に人を追加しています。 ここでも、さらに時間のかかる作業です。 洪水経路に関してです。 あちらが覆いです。QD格納時には 折りたたまれて、てっぺんのインターフェイスは 覆いに格納されます。すみません、QDの覆いです。 折りたたまれて格納されます。 突っ張りを通過する感じで それ自体で動的システムではありません。
(08:32) しかし押下式油圧アクチュエータが 押し下げ動作を行ないます。 – 了解。 – QDと覆いは一緒になっています。 – 見ればわかるけど、たくさんのことが進行中だね。 – ええ。実にたくさん。 コントローラーがこちらにお連れします。 発射台Bには少数の人間がいます。 発射台Bに数人です。 そうすることで宇宙船を引く体制となります。 これにずっと関わっていますが、 さらに数日間取り組みを行ないます。 そうすることで急いで完成したいと思います。 それが現状です。 – 了解。 – そうすることで宇宙船用準備完了です。 こちらに来たときには20です。 – 了解。 – プラットフォームには人をたくさん用意しています。 明朝5時に連中がやって来ると リグを開始して、あの9をリフトして 全体がクリアになります。 発射台ベルト上に行く連中はみな、 プラットフォームに移ります。 実際、今晩、業務を行なっている者もいます。 肉体労働ではありませんが、 明日、あそこに行く部隊用の仕込みです。 – 了解。 – そうすることで効果的に動けます。 約70人です。 – 了解。 素晴らしい。 大忙しの現場だね。いいことだ。 – ええ。心躍る現場です。
(09:35) 解決すべきことがいくつかあります。 請負業者についてのお話をお聞きした後です。 われわれの管理者に同席してもらって はっきりさせようとしています。 適切な人数をです。 こちらには優れた人たちが集結しているので 現在はいいタイミングでもあります。たとえば 「あ、誰かいるかな。 SpaceXに参加したいと思う者が?」と聞くのにです。 – そうだね。 – だから、そうしているところです。 私たちはこんな過ちを犯しました。。 6カ月間ずっと 振り返ることなく探し続けていました 最適な人数を確認することなくです。 – そうか。 そうだね。長期的にカギを握る人物がいたら、 一時雇用ではなく長期的に採用すべきだね。 – ええ。 スムーズでもあるんです。彼らは出たり入ったりします。 そして契約が終わったら、次の企業のもとで働くでしょう。 – そうだね、そのとおり。 – それは適切なやり方ではありません。 – 彼らのため、そしてSpaceXのためでもある。 – そうです。 – それで……
(10:24) – でも、この – うん – 現在のロジスティクス計画はスゴいですよ。 たくさんのパーツが切れている状態にあります。 だから徐々に発送をしています。 たくさんの接続金具や密封剤をです。 CapeとVandyが必要なものを発送する体制にあります。 他のすべてのサイトの取り寄せ注文を行ないます。 自分たちで使うものです。でも維持しようとしています。 こうした連中に 現在はパーツを供給しつづけようと。 – 了解。 それと発射リグはややこしいね。 – ええ。 私が取り組んでいる あのように中に折りたたむアプローチは それぞれに折りたたむものです。 デザインは私好みですが、すべてそうしなくてはなりません。 確認の必要があります。 鉄の厚さはどれぐらいかから始まってです。 私たちは学習しました。ボルト留めや調整をしようとしました。 いくつかの突起に問題がありました。 ラインボーリングの仕方を学び、現在は上達しました。 非常に迅速に行なってもいます。 少なくとも次の発射台用に ラインボーリングを考えています。 いいやり方です。 重量の減少は私たちに大きなことです。 – そうだね。 そうだね。厚い鉄の溶接は時間がかかるしね。 – そうです。こちらは1インチの溶接になります。
(11:28) – そうだね。 – ぐるりと 内側と外側です。 ワンパスで内側と外側です。 1つの溶接パスは時速40マイルの負荷が ブースターと宇宙船にかかります。 – そうか。 素晴らしいよ。実に感動的だ。 こちらを11時間でマウントできたら、 明日にでもってことだね。 そいつは素晴らしい。 – ええ。 あのクレーンがショートして それから新しい道の1本が ダメになっちゃいました。 だから今朝、違う道を見つけなくちゃならなかったんです。 このクレーンを設置して 埋め戻しの時間が少々損なわれましたが、 復旧は順調です。 – 了解。 – 世界で2番目に大きいクレーン、 3番目に大きいクレーンには 2人のオペレータがついています。 1人は私たちのチームから。 デイヴ・ライトが黄色いのを操作し、 ジョヴァンニが大きなクレーンです。 – 了解。 – そうすることで 負荷が適切に分けられ、 これをリフトアップします。 – いいね。 – これは素晴らしいです。 だって4日間を費やす必要がありからです。 これの再設定にです。 – そうだね。2つここでの いいことがある。高いものと低いものだ。
(12:33) ビル・ライリーなら、そう言うだろうね。 – とてもスゴいですね。 このスケールのプロジェクトには いまだに測定に数日かかるんですね。 だって1日ですよ。 スゴいでしょう。 他の人からしたら…… – 日数、時間 – 分、秒、そうですね。 – ええ。ウワー。 ノンストップですね。 だって取り組んでいるのは 打ち上げまであと2日だからじゃないんですよ。 ずっと、この場所の開発が続いているんです。 それって 毎分、毎秒ごとにカウントをしているってことでしょう。 – クレーン・オペレータに話をしたんです。 「もし隕石が あと8日でこの星に落ちてくるとしたら、どうする?」って。 – そうだね。そのとおり。 – 彼らに今日、そう話したんです。 – そうだね。 – あり得ることですよ。 – 誰にもわからないよね。 緊急にオペレートするのであれば、 複数の惑星に住む可能性があります。 単なる可能性ですが、まだわかりません。 緊急対応で行動しないなら、 その可能性はゼロです。 イノベーションの速度は一定ではありません。 それはいわば イノベーションの速度を増すか 速度が落ちるかのどちらかということです。 アメリカの宇宙への有人アクセスを振り返ってみると
(13:40) 69年に月面着陸できました。 それから スペースシャトルで地球低軌道の飛行を行ない、 スペースシャトルは役目を終えました。 それから約10年経って アメリカには人を宇宙に送るアクセスがなくなったのです。 これは悪い傾向です。ゼロに向かっています。 – そうですね。 – 私たちに必要なのは別の方向への強い傾向です。 いかなる可能性であっても 生命を複数の星で生かすためにです。 – ええ。 – だからこそ緊急性を持っているんです。 – 筋が通っています。 – そう。ボクはとっくのとうに死んでいるでしょう。 火星で自活できるようになるまでには。 でも願わくは潮流がそちらの方向に強く向いてほしいです。 私が死ぬ頃までには。 でも、すぐにはそうならないでしょう。 でもわかりませんね。 – ウワー。 – いいでしょう。 – サム、てっぺんに上がらなきゃならないって聞いたとき、
(14:45) 「ああ、高所恐怖症なんだ」って感じだった。 いや、違うんだけどね。でも滑稽だね – 次回もタワーに上りたいね。 あの景色はスゴかった。 – ああ、巨大だった。 – ああ、とても感動した。 進展を見られて本当によかった。 感謝してるよ。 そうだね、素晴らしいだろうね。 これを明日、マウントできたら。 こんな感じですって披露できたら、素晴らしいだろう。 – サイドもプレートをするんだ。 だから、さらにプレートを行ないます。 拡張計画を立てています。 素晴らしいものになるでしょう。 アーム用のタワー担当を用意して さらに作業を行なうスペースが必要になります。 – B3 の現在の計画はどのようなものですか?
(16:01) こう考えているんですか? さらに垂木を置いて、どうなるか確認するんですか? – すまない。なんだって? – B3を用意するには、こう話していましたよね。 その下に9つを置かなきゃいけないとか。 – 違います。私たちがフォーカスしているのは 4つ、4つです。 話したように迅速に変化する状況です。 だから、 つまり 誘導ミサイルだと考えてください。 誘導ミサイルが誤った方向に行くことが どんなときにもありますが、軌道修正されます。 – ええ。 – たいへん精度の高い砲弾ではダメなんです。 ターゲットがわからない場合にはです。 – ええ。 – 全体にわたった最適化が 火星都市の実現には近道なんです。 それからサブセット構成です。 完全に再利用可能なロケットへの近道、 軌道への最短時間のサブセットです。 基本的には。 – そうですね。
(17:03) – そうです。 – だから 初期生産はすべて 学習経験です。 初期生産は長期的なものにはなりません。 こんな質問が基本なんです。 「最短の期間でどんな知識を得られるだろうか?」 – これほどの自由はなかったでしょう。 Falcon 9に関しては。 Falcon 9の開発中にです。 – おっと。すみません。クルマはあっちだっけ? – そうです。こちらのコーナーです。 – そのとおり。Falcon 9にはこれほどの柔軟性がなかった。 – だから、よりかっちりとしたものが多く、 よりしっかりと決める必要がありました。 Falcon 9の開発時にはです。 – そのとおり。 – 貨物を飛ばして 商用補給に備えているからです。 こんなふうではないですか? あのときできたら、とは考えませんか? – 技術的には実行しました。Grasshopperプログラムです。 – そうですね。 – そうしたアイデアがあり、 Grasshopperプログラムを実行しました。 そこから多くのことを学びました。 Grasshopperがなぜ失敗しなかったのか、です。 – ええ。そのとおり。 – それは衝撃的なものです。
(18:09) でも失敗してしまいました。 – F9Rですね。 – そう。 – ええ。 – 皮肉なことに私は SpaceX取締役会全員にこう話しました。 「あの、取締役会を開こう。 テキサスで。それでロケットの離陸と着陸を見るんだ」 それでロケットが失敗に終わったんです。 – それは初耳です。知りませんでした。 – だから…… 暑くて汗が出てきました。 – ええ、そうでしょう。 続けましょう。 – そうだね。 – さらに関与する人が増えていくんです。 – いいですね。 – ええ。 – それではここでお別れです。 – わかりました。 – 最後に伝えたいことがありますか? このプログラムに胸躍らせている人に対して。 – 基本的には クールなことだと私も思います。 多くの人がロケットに胸を躍らせ、 その発見に胸を躍らせることがです。 ロケットがどう機能するか、 そして考えるんです。 複数の惑星で生命を生かすことを。 宇宙移住旅行です。
(19:13) まずは未来を活気づけることになり、 それがもっとも想像力を掻き立てるでしょう。 もっとも想像力を掻き立てるものになるはずです。 多くの人にとって。 こうしたことによって多くの人が 未来に自信を持つことを願っています。 人間が宇宙で素晴らしい未来を築くことです。 サイエンスフィクションは常に作りごとではなく、 いつの日か現実となるのです。以上です。 – いいですね。ありがとう、イーロン。 – それじゃ。 – ありがとう、イーロン。 時間を割いてくださって。 私たちが取り組まなくてはならないことや 世界にそのことを伝える機会をくださって。 それからCosmic Perspectiveにもお礼申し上げます。 当動画の撮影をサポートしてくださいました。 それと他のサポートもしていただきました。 彼らのことはPatreonとYouTubeでご確認ください 。 – [カメラマン] なんだよ、あれ! – 最大の感謝をボクのPatreonサポーターに送ります。 今回のような動画制作のサポートや Everyday Astronautで実現できるすべてのことの力添えにです。 独占ライブストリームや 素晴らしいコミュニティ、 そして他にも多くの楽しいことへのアクセス権を得てください。
(20:08) PATREON.COM/EVERYDAYASTRONAUTです。 オンラインにいるときには 素晴らしいウェブストアをご確認ください。 こんなシャツや Aerospikeシャツ、新しい火星帽子、 たくさんの魅力あるアイテムがいっぱいです。 たとえば回路コレクションや 将来の火星人社会のシャツです。 他にも魅力的なものがいっぱいです。 みなさんのような宇宙オタクにとってです。 EVERYDAYASTRONAUT.COM/SHOPをご確認ください。 みなさん、どうもありがとう。ボクの力になります。 Everyday Astronauntのティム・トッドでした。 宇宙を地上にもたらします。 日々暮らす方々のためにです。

 

私がしていることをサポートしたいですか?独占ライブストリーム、私たちの不和チャンネル、サブレディットにアクセスするためのPatreonサポーターになることを検討してください! -http://patreon.com/everydayastronaut

これを可能にしてくれたミッションディレクターに特に感謝します!!! –Damian Borth、Guillaume Le Sa​​int、Nam Nguyen、iluli by Mike Lamb、Scott Ferreira、Phil Easter、Peter Jordan、Nick Williams、Tyler Silcott、Mark Krieger、Roger Oldfield、PEDER HALSEIDE、Roberto Cordon、Benjamin Holland、Scott Maley、Robin Haerens、Rob Nunn、James and Becky Carter、Tim Engle、Taron Lexton、Chris Meleg、Corey Coddington、Chris LaClair、Peter F Maher、Steve Kemp、Vincent Argiro、Lars Nielsen(Denmark)、IMAJIN、Nick、David A.Greer、 Frans de Wet、Chad Souter、Sam Fisher、Arthur Carty、Lawrence Mansour、DLB、Chris Dibbs、David Glover、Max Haot、Ares Lovlyn、John Malkin、TTTA、Seth Pascale、Jared smith、Simon Pilkington、HéctorRamos、Alejandro、Tomdmay 、Mac Malkawi、Manalope、Tristan Edwards、Ole Mathias Aarseth Heggem、NSS North Houston Space Society

または、いくつかのボーナス特典のYouTubeメンバーになりましょう! -https://www.youtube.com/channel/UC6uKrU_WqJ1R2HMTY3LIx5Q/join

すべてのスペースグッズのニーズに最適な場所です!
https://everydayastronaut.com/shop/

すべての音楽はオリジナルです!私のアルバム「MaximumAerodynamicPressure」を音楽を聴いている場所(Spotify、iTunes、Google Play、Amazonなど)でチェックするか、ここをクリックして簡単なリンクを確認してください-http://everydayastronaut.com/music

関連記事一覧