ノンリフトシフト装置【水平搬送 /クランプ/チャック/直動機構/機構の安定化/シリンダ/リニアガイド/歯車/ベアリング/リニアブッシュ/からくり】

ノンリフトシフト装置【水平搬送 /クランプ/チャック/直動機構/機構の安定化/シリンダ/リニアガイド/歯車/ベアリング/リニアブッシュ/からくり】 → http://jp.misumi-ec.com/ec/incadlibrary/detail/000537.html?cid=cid_jp_m_mech_20160318_8271_000537_2
その他のユニット事例はコチラ → http://jp.misumi-ec.com/ec/incadlibrary/?cid=cid_jp_m_mech_20160318_8271_000537_2

—–
環境・操作性
 ワークを搬送レール上でスライド搬送する
 チャック爪交換の容易化

対象ワーク
 円柱形状
 サイズ:φ130×H85[mm]
 材質:S45C
 質量:16[kg]×4個=64[kg]

動作仕様・寸法
 W1462×D809×H353[mm]
 搬送ストローク:365[mm]

必要精度・荷重
 搬送部総質量:=可動部66[kg]+ワーク64[Kg]=130[Kg]=1300[N]
 チャック部総質量:=可動部20[kg]+ワーク64[Kg]=84[Kg]=840[N]

主要部品の選定根拠
 搬送及びチャックシリンダ
 ワークの搬送に必要な推力及び把持力のシリンダを選定する

主要部品の計算工程
 【搬送シリンダ】シリンダ推力を検証する
 搬送部総荷重:1300[N]、摩擦係数:0.3とすると、
 必要荷重P=1300×0.3=390[N]
 シリンダの推力
 シリンダ径:50[mm](仮選定)、使用圧力:0.4[MPa]、シリンダ効率:0.9とすると、
 シリンダの推力:F=695[N]
 F>P=695>390[N]
 従って、使用可能と判断する

 【チャックシリンダ】シリンダ推力を検証する
 搬送部総荷重:840[N]、 摩擦係数:0.5とすると、
 必要荷重P=420[N]
 シリンダの推力
 シリンダ径:50[mm]、使用圧力:0.4[MPa]、シリンダ効率:0.9
 シリンダの推力:F=706[N]
 F>P=706>420[N]
 従って、使用可能と判断する

構造の作り込みと設計の勘所
 概略ピッチはノックで位置決めして、微調整はスペーサーで調整する

技術計算リンク
 リニアシステムの寿命計算1
 リニアシステムの寿命計算2
 薄型シリンダ 概要
 
検索コード:#UL537
—–

チャンネル登録はコチラ → https://www.youtube.com/channel/UC90Gu4PkO9dNs-pJ3HZzXwQ?sub_confirmation=1

使用部品はコチラ → http://jp.misumi-ec.com?cid=cid_jp_m_mech_20160318_8271_000537_2
MISUMI-VONA|ミスミの総合Webカタログ|FA・金型部品、工具・消耗品などの通販・検索サイト

ハッシュタグ #inCADLibrary #UL537

関連記事一覧