パレット搬送のエスケープせき止め【コンベヤ/ 仕分け/分離/直動機構 /シリンダ/カム/カムフォロア/リニアブッシュ】

パレット搬送のエスケープせき止め【コンベヤ/ 仕分け/分離/直動機構 /シリンダ/カム/カムフォロア/リニアブッシュ】 → http://jp.misumi-ec.com/ec/incadlibrary/detail/000226.html?cid=cid_jp_m_mech_20160318_8271_000226_2
今すぐUnit Libraryをチェック → http://jp.misumi-ec.com/ec/incadlibrary/?cid=cid_jp_m_mech_20160318_8271_000226_2

—–
仕様
 目的・動作
  コンベヤで3個ずつ搬送しているパレット群をせき止めて1個ずつ切り出す
 対象ワーク
  形状:パレット
  サイズ:W130xD110xH34.5[mm]
  材質:スチール
  重量:5[kg]=49[N]

特徴
 動作仕様・寸法
  ストッパ用シリンダストローク:10[mm]
  せき止め用シリンダストローク:10[mm]
  外形寸法:W498XD270XH263[mm]
 必要精度・荷重
  搬送されてくるパレットのうち、せき止められるパレットの個数を2個とすると荷重FはF=49[N]×2個×コンベヤ摩擦係数μ=49×2×0.5=49[N]
 主要部品の選定根拠
  せき止め用シリンダは、せき止めるパレット2個分の質量により生じる、パレットのV溝傾斜面から(搬送方向に垂直な方向)伝わる荷重以上のものを選定する必要があり

設計ポイント
 主要部品の計算工程
  負荷条件から位置決めシリンダを選定する
  搬送されてくるパレットのうち、せき止めなければならないパレットの個数を2個とすると搬送方向の荷重Fは
  F=49[N]×2個×コンベヤ摩擦係数μ
  =49×2×0.5=49[N]
  パレットに付いているV溝傾斜面より、せき止め用ストッパシリンダを押し出そうとする(搬送方向に垂直な)分力F’は
  F’=Fsinθcosθ
  ここでθ:「V溝角度」/2 [°]
  従って
  F’=49×sin60×cos60=21.2[N]
  安全率を3とすると21.2×3=63.6[N]の推力が必要
  よってカタログの理論推力グラフより約60[N」になるチューブ内径φ16を選定する

検索コード:#UL226
—–

チャンネル登録はコチラ → https://www.youtube.com/channel/UC90Gu4PkO9dNs-pJ3HZzXwQ?sub_confirmation=1

使用部品はコチラ → http://jp.misumi-ec.com?cid=cid_jp_m_mech_20160318_8271_000226_2

MISUMI-VONA|ミスミの総合Webカタログ|FA・金型部品、工具・消耗品などの通販・検索サイト

ハッシュタグ #inCADLibrary #UL226

関連記事一覧