マガジン順送り機構【リフト/水平搬送/仕分け/分離/直動機構/カム/カムフォロア/リニアガイド/リニアブッシュ】

マガジン順送り機構【リフト/水平搬送/仕分け/分離/直動機構/カム/カムフォロア/リニアガイド/リニアブッシュ】 → http://jp.misumi-ec.com/ec/incadlibrary/detail/000291.html?cid=cid_jp_m_mech_20160318_8271_000291_2
その他のユニット事例はコチラ → http://jp.misumi-ec.com/ec/incadlibrary/?cid=cid_jp_m_mech_20160318_8271_000291_2

—–
仕様
 目的・動作
  複数マガジンを順に送り出す機構
  引出しツメは、マガジン&搬送BOXとの干渉を回避するため、回転による出入り機構を持つ
  ツメが出た状態でマガジンを1個ずつ引き出すよう、ストロークする
  マガジンは搬送BOXから送り出された後、切り出し部に乗り移って下降していく

 環境・操作性
  搬送BOXは取出し口以外は囲われている為、他箇所からのアクセス不可

 対象ワーク
  小型部品マガジン
  外形:W280xD70xH23[mm]
  質量:0.22[kg] (搬送部品込:0.33kg)

特徴
 動作仕様・寸法
  外形:W600xD1005xH416[mm]
  ツメストローク:257[mm]

 必要精度・荷重
  可動物重量:12[kg]
  ワーク重量:0.33x3=0.99[kg]
  12+0.99=12.99[kg]

 主要部品の選定根拠
  単軸ロボット
   推力127.3N(12.99kg)以上を選定

設計ポイント
 主要部品の計算工程
  必要推力とロボット推力を比較検証する
  単軸ロボット
   推力:283 N (カタログより)
   必要推力:12.99(ワーク質量)×9.8=127.3 N<283 N

 構造の作り込みと設計の勘所
  マガジンの切り出しは、下降方向に行う(上昇方向では、マガジンが連結状態の為、隣のマガジンを突き上げてしまう可能性がある)
  ツメを取り付けているシャフトは、丸棒ではなくパイプにしている。オーバーハングが長い為、自重によるタワミを少しでも押える目的
  天板は単品でも49kgある為、釣り上げ用にアイボルトを付けている
  同一ラインにシャフトが3本通っている為、1本を基準とし、残り2本は微調整を出来る構造としている
  センターのシャフトは、押し引きの力を伝える目的(カップリングにスラスト方向の力を掛けない構造)
  配管と配線を分ける為、ケーブルキャリアが2本ついている

検索コード:#UL291
—–

チャンネル登録はコチラ → https://www.youtube.com/channel/UC90Gu4PkO9dNs-pJ3HZzXwQ?sub_confirmation=1

使用部品はコチラ → http://jp.misumi-ec.com?cid=cid_jp_m_mech_20160318_8271_000291_2
MISUMI-VONA|ミスミの総合Webカタログ|FA・金型部品、工具・消耗品などの通販・検索サイト

ハッシュタグ #inCADLibrary #UL291

関連記事一覧