リフト機能を持つ可動シュータ【コンベヤ/仕分け/分離/直動による揺動機構 /シリンダ/リンク/ローラ/からくり】

リフト機能を持つ可動シュータ【コンベヤ/仕分け/分離/直動による揺動機構 /シリンダ/リンク/ローラ/からくり】 → http://jp.misumi-ec.com/ec/incadlibrary/detail/000231.html?cid=cid_jp_m_mech_20160318_8271_000231_2
その他のユニット事例はコチラ → http://jp.misumi-ec.com/ec/incadlibrary/?cid=cid_jp_m_mech_20160318_8271_000231_2

—–
仕様
 目的
  搬送ライン途中に設置し、特定ワークの搬送ラインをより低い位置にあるラインに変更または排除する
 動作
  縦シリンダの伸縮によりテーブルの昇降を行い、横シリンダの伸縮によりテーブルの傾斜を行う。
  縦シリンダを出、横シリンダを出の状態で、テーブル上昇・水平位置となり、縦シリンダー引、
  横シリンダ引の状態で、テーブル下降・傾斜位置となる
 環境・操作性
  壁側設置搬送ライン
 対象ワーク
  形状:中型梱包・パレット
  サイズ:W180xD180xH50[mm]
  重量:1[kg]

特徴
 動作仕様・寸法
  昇降ストローク:20[mm]
  シュート角:10[°]
  外形寸法:W1020xD450xH525[mm]
  必要精度・荷重
  ワーク荷重:10[N]
 主要部品の選定根拠
  シリンダ
   減圧時昇降Down
   リンク比
   3:2
 機構重量
   約7kg

設計ポイント
 構造の作り込みと設計の勘所
  リンクアームとシリンダの動作角を小さくするためクレビス型を採用
  ボールローラを使用することでワーク搬送向きとシュート向きのずれを許容
  搬送ライン下部の障害物を回避するため、傾斜用シリンダを横向きに配置
  リフトの水平、昇降ストローク、シュート角をセットカラーとナックル位置により調整

検索コード:#UL231
—–

チャンネル登録はコチラ → https://www.youtube.com/channel/UC90Gu4PkO9dNs-pJ3HZzXwQ?sub_confirmation=1

使用部品はコチラ → http://jp.misumi-ec.com?cid=cid_jp_m_mech_20160318_8271_000231_2

MISUMI-VONA|ミスミの総合Webカタログ|FA・金型部品、工具・消耗品などの通販・検索サイト

ハッシュタグ #inCADLibrary #UL231

関連記事一覧