ワーク受渡し装置【コンベヤ/仕分け/分離/位置決め/直動機構/シリンダ/ローラ/リニアブッシュ/フレーム】

ワーク受渡し装置【コンベヤ/仕分け/分離/位置決め/直動機構/シリンダ/ローラ/リニアブッシュ/フレーム】 → http://jp.misumi-ec.com/ec/incadlibrary/detail/000314.html?cid=cid_jp_m_mech_20160318_8271_000314_2
その他のユニット事例はコチラ → http://jp.misumi-ec.com/ec/incadlibrary/?cid=cid_jp_m_mech_20160318_8271_000314_2

—–
仕様
 目的・動作
  コンベヤで搬送されてきたワークが位置決めされ、ロボットハンドがワークを取りに来て、次の搬送工程に渡す動作は以下の順序となる
   ①パレット上にセットされたワークが、コンベヤで搬送される
   ②パレットの下部のフォトセンサが検知し、減速する
   ③パレットの下部のフォトセンサが検知し、停止する
   ④ワーク在荷用のセンサがワークを検知する
   ⑤シリンダが上昇して、位置決めピンがパレット穴2ヶ所に挿入され位置決めされる
   ⑥ロボットハンドがワークを取りに来る
   ⑦シリンダが下降する
   ⑧空パレットがコンベヤで元の位置まで搬送される

 環境・操作性
  シリンダによる位置決め機構
  隔壁内部の自動装置へ、ワークを受け渡すようなアプリケーションに適用

 対象ワーク
  円柱の金属部品
  外形φ32×40[mm]
  質量:0.1[kg]
  材質:アルミニウム

特徴
 動作仕様・寸法
  上下シリンダストローク:15[mm]
  外形寸法:W455×D235×H235[mm]

 必要精度・荷重
  シリンダが持ち上げる荷重:8[N]
  フォトマイクロセンサの停止精度:±0.1[mm]

 主要部品の選定根拠
  シリンダ
   荷重8[N]を持ち上げる事が出来るシリンダを選定

設計ポイント
 主要部品の計算工程
  シリンダが想定負荷を満たすか、シリンダ推力を検証する
   シリンダ推力=負荷率×使用圧力×チューブ内径断面積
   =0.5×0.4[MPa]×π/4×102[mm²]
   =15.7[N]>8[N](=シリンダを押す全荷重:0.8[kg]×9.8)
   満たしている

 構造の作り込みと設計の勘所
  省スペース化のためにシリンダをコンベヤ間に取付けている
  パレットがオーバーランした時のためにメカストッパを設置
  減速、停止用にフォトマイクロセンサを使用
  ワーク在荷確認用に光電センサを使用
  ピンがパレット穴に確実に挿入できるようにパレット穴、ピンにテーパを付けている

検索コード:#UL314
—–

チャンネル登録はコチラ → https://www.youtube.com/channel/UC90Gu4PkO9dNs-pJ3HZzXwQ?sub_confirmation=1

使用部品はコチラ → http://jp.misumi-ec.com?cid=cid_jp_m_mech_20160318_8271_000314_2
MISUMI-VONA|ミスミの総合Webカタログ|FA・金型部品、工具・消耗品などの通販・検索サイト

ハッシュタグ #inCADLibrary #UL314

関連記事一覧