ワーク検知付エアブロー【位置決め/洗浄/乾燥/直動機構/シリンダ/リニアブッシュ】

ワーク検知付エアブロー【位置決め/洗浄/乾燥/直動機構/シリンダ/リニアブッシュ】 → http://jp.misumi-ec.com/ec/incadlibrary/detail/000510.html?cid=cid_jp_m_mech_20160318_8271_000510_2
その他のユニット事例はコチラ → http://jp.misumi-ec.com/ec/incadlibrary/?cid=cid_jp_m_mech_20160318_8271_000510_2

—–
仕様
 目的・動作
  ワークの洗浄及びワーク有無の確認をする
  通常は干渉回避の為、上部に退避する
  洗浄時はワークに押し当て位置決め、オーバーストロークでワークの有無確認

環境・操作性
 検査・計測の前工程に設置
  対象ワーク
  サイズ:W400×D265×H120[mm]

特徴
 動作仕様・寸法
  外観寸法:W430×D287×H1749[mm]
  昇降ストローク:500[mm]

 必要精度・荷重
  シリンダ推力:432[N]

 主要部品の選定根拠
  上下用シリンダ
   昇降部重量を支えることが出来るシリンダを選定する

設計ポイント
 主要部品の計算工程
  シリンダ推力を検証する。
  上下可動部総質量:=25[kg]
  シリンダの推力 シリンダ径:40[mm](仮選定)
  ロッド径:16[mm]
  使用圧力:0.5[MPa]
  シリンダ効率:0.7
  シリンダの推力:F=485[N]
  F>P=485>245[N]
  従って、使用可能と判断する

 構造の作り込みと設計の勘所
  干渉部の状況に合わせてストロークを変えることで、また洗浄箇所によりマニホールド穴数を変えることで、ワークサイズに応じた洗浄が可能
  マニホールドへ供給する配管鋼管の支えをガイドシャフトの上端に取付け、昇降時にスライドするようにしている

検索コード:#UL510
—–

チャンネル登録はコチラ → https://www.youtube.com/channel/UC90Gu4PkO9dNs-pJ3HZzXwQ?sub_confirmation=1

使用部品はコチラ → http://jp.misumi-ec.com?cid=cid_jp_m_mech_20160318_8271_000510_2
MISUMI-VONA|ミスミの総合Webカタログ|FA・金型部品、工具・消耗品などの通販・検索サイト

ハッシュタグ #inCADLibrary #UL510

関連記事一覧