平行(逆方向)コンベヤ移載装置【コンベヤ/水平搬送/直動機構/シリンダ】

平行(逆方向)コンベヤ移載装置【コンベヤ/水平搬送/直動機構/シリンダ】 → http://jp.misumi-ec.com/ec/incadlibrary/detail/000484.html?cid=cid_jp_m_mech_20160318_8271_000484_2
その他のユニット事例はコチラ → http://jp.misumi-ec.com/ec/incadlibrary/?cid=cid_jp_m_mech_20160318_8271_000484_2

—–
仕様
 目的・動作
  平行コンベヤのワーク移載

 環境・操作性
  コの字型のワーク受けをスライドさせてワークを平行するコンベヤに移載する

 対象ワーク
  ワーク:キャリア
  材質:MCナイロン
  外形:W74×D40×H60[mm]
  質量:210[g]

特徴
 動作仕様・寸法
  外形:L655×W450×H287[mm]
  シリンダストローク:184[mm]

 主要部品の選定根拠
  ロッドレスシリンダ
   コの字型のワーク受けでコンベヤ間を移載できる物を選定

設計ポイント
 主要部品の計算工程
  ロッドレスシリンダ
   コの字型のワーク受け(材質:A5052)がシリンダに与える負荷を計算する
   質量について
   m=(コの字型のワーク受け)+(ワーク)=0.327+0.210=0.534[kg]
   負荷率=m/(シリンダの最大負荷質量)=0.537/27.5=0.020
   静的モーメントについて
   コの字型のワーク受けが左右対称で重量方向にのみ力が働くのでヨーイング方向のモーメントがかかる
   M=m×g×(重心距離h)=0.534×9.8×0.0145=0.077[N・m]
   負荷率=M/(シリンダの静的許容モーメント)=0.077/26=0.003
   動的モーメントについて
   平均速度Va=180mm/s(60Hz・減速比30のコンベヤの速度)とし、衝突時の相当荷重Feは(ショックアブソーバにより減速しているのでδ=1/100)
   Fe=1.4×Va×δ×m×g=1.4×180×1/100×0.537×9.8=13.27[N]
   動的モーメント:Me=1/3×Fe×(重心距離h)
   =1/3×13.27×0.0145=0.065[N・m]
   負荷率=Me/(シリンダの動的許容モーメント)=0.065/23=0.003
   よってシリンダ負荷率の総和=0.020+0.003+0.003=0.026≦1となり使用可能

 構造の作り込みと設計の勘所
  コンベヤ間のスライドプレートの高さが合う様に調整する事が肝要

検索コード:#UL484
—–

チャンネル登録はコチラ → https://www.youtube.com/channel/UC90Gu4PkO9dNs-pJ3HZzXwQ?sub_confirmation=1

使用部品はコチラ → http://jp.misumi-ec.com?cid=cid_jp_m_mech_20160318_8271_000484_2
MISUMI-VONA|ミスミの総合Webカタログ|FA・金型部品、工具・消耗品などの通販・検索サイト

ハッシュタグ #inCADLibrary #UL484

関連記事一覧