手動回転テーブルユニット【回転テーブル/リフト&キャリー/位置決め/塗布/手動ワークセット/段取り/直動機構/回転機構/シリンダ/ハンドル/レバー/ベアリン】

手動回転テーブルユニット【回転テーブル/リフト&キャリー/位置決め/塗布/手動ワークセット/段取り/直動機構/回転機構/シリンダ/ハンドル/レバー/ベアリン】 → http://jp.misumi-ec.com/ec/incadlibrary/detail/000545.html?cid=cid_jp_m_mech_20160318_8271_000545_2
その他のユニット事例はコチラ → http://jp.misumi-ec.com/ec/incadlibrary/?cid=cid_jp_m_mech_20160318_8271_000545_2

—–
仕様
 目的・動作
  ワークをテーブルに搭載してから手動で回転し、ディスペンス作業を行うユニット

 環境・操作性
  ワークをテーブルに搭載してからスイッチでシリンダを上昇させ、手動で回転して再度スイッチでシリンダを下降し、ディスペンス作業を行う
  ラバー付ボルトを使用して回転角度の調整を行う
  近接センサによって回転テーブルの定位置(ディスペンス作業位置)を確認し、定位置以外はシリンダの昇降による干渉がないようにインターロック制御が別途必要

 対象ワーク
  電子部品等

特徴
 動作仕様・寸法
  外形寸法:W280×D800×H257[mm]
  昇降ストローク:30[mm]
  テーブル回転角度:180[°](作業時に調整して一定)

 主要部品の選定根拠
  ベアリングの精度

設計ポイント
 構造の作り込みと設計の勘所
  ワークをテーブルに搭載した後、ベアリングホルダを利用した回転とエアシリンダによる昇降によりディスペンス作業ポジションへの段取り作業が容易にできる機構
  回転テーブルの負荷および回転軸の倒れを防ぐために、ワーク質量と剛性を考慮して、回転軸を直接支える構造ならびにベアリングホルダを採用

検索コード:#UL545
—–

チャンネル登録はコチラ → https://www.youtube.com/channel/UC90Gu4PkO9dNs-pJ3HZzXwQ?sub_confirmation=1

使用部品はコチラ → http://jp.misumi-ec.com?cid=cid_jp_m_mech_20160318_8271_000545_2
MISUMI-VONA|ミスミの総合Webカタログ|FA・金型部品、工具・消耗品などの通販・検索サイト

ハッシュタグ #inCADLibrary #UL545

関連記事一覧