機械設計技術 アンギュラ玉軸受 ベアリングの仕組みと機能 深溝玉軸受との違い 接触角の意味と使い方 背面合わせと正面合わせ

アンギュラ玉軸受とボールベアリング(深溝玉軸受)との違い、接触角の意味と高速性能、アキシアル荷重(スラスト荷重)の考え方を詳しく解説しました。スピンドルモータを題材にしてアンギュラ玉軸受の使い方を理解できる内容になっています。

・NSK深溝玉軸受カタログ
https://www.nsk.com/jp/common/data/ctrgPdf/bearings/split/1103/nsk_cat-1103c_c004-c047.pdf

・NSKアンギュラ玉軸受カタログ
https://www.nsk.com/jp/common/data/ctrgPdf/bearings/split/1102/nsk_cat_1102q_2015-10_b46-b75.pdf

・この動画は現役の機械設計エンジニアが作成しています
・講師は3D CAD歴26年、機械設計技術者1級を取得しています
・色覚弱者の方にも無理なく見ていただけるように、配色に配慮しております
#機械設計CADの学校動画一覧 #機械設計 #機械要素

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。