第38回 ねじのゆるみ止め【 MONOWEB(機械要素編)】

・ねじがゆるむ原因とは?
・回転するゆるみ
・ねじのゆるみが発生しにくくする方法

について学べます。

 

【書き起こし】第38回 ねじのゆるみ止め【 MONOWEB(機械要素編)】 

(00:02) えっての 聞か要素の基礎を学ぶ part 2ネジの緩みどめこのパートではネジの緩みどめについていくつかの方法を 解説します それでは早速本題に入っていきます 明治は通常しっかりとしまってなければいけませんが永久的に結合してしまうと メンテナンスや保守修理運搬ができなくなります つまり通常ではしっかりとしまって固定されており必要の際には緩めて取り外しが できるようにする必要があります また明治は時間が経過すると視覚的に確認することは難しいですが少しずつ緩みます さらに振動の影響を受ける機会 ウォーターあるいは常に車の振動の影響を受けている道路や橋などの建造物はネジが 緩むスピードが速いため通常のボルトとナットを締めること以外にも緩みどめの大作が
(01:10) 必要ですここでは ねじが緩む原因を説明しネジの緩みが発生しにくくする方法についても紹介していき ます ねじが緩む原因ボルトナットなどのネジが緩む原因は大きく分けて二つに分類されます それはネジが回転しない緩みと回転する緩みです はじめに回転しない緩みの原因です 1書記緩み 締結する際にボルトなどで固定される部材 ボルトの座面ナットの座面などの接合部分に負荷がかかります 締結する前それぞれ接触する面には微細な凹凸がありますがこれが首目つけられた後に は摩耗し徐々に平坦になります こ 絵が緩みを発生させます に陥没緩みボルトやナットによる締め付けの圧力により 日締結部の表面が陥没し緩みが生じます
(02:16) 3衝撃振動による緩み 振動衝撃により締め付ける力が低下して 緩みが発生します 4温度差による緩み日締結部が温度の差によって膨張収縮を繰り返すことにより ボルトナットが緩みます 次に回転する緩みです1 戻り回転による緩みボルトとナットの戻り回転の力により 緩みが発生します 2軸直角方向への繰り返し外力による 緩み日締結部材に横方向に繰り返し力がかかると緩みが発生します 以上ネジはここまでに説明してきましたようにさまざまな理由で緩むことになるのです 次に目地が緩まないようにするための緩み止めの方法をいくつか紹介します 通常使用時にしっかりとした結合が維持できる
(03:22) ネジに追加して使用する機械要素部品や緩みが発生しにくくする方法を説明していき ます 座金を使う座金には平座金 ばねぇ座金歯付き座金などの種類がありこれらをボルトやナットと一緒に用いることで 緩み止め効果が生まれます緩み防止以外の目的にもボルト穴が大きすぎたり 座面に凹凸があったり傾い ている場合の対策としても使われます ダブルナットにする 主に振動に対する緩み止めの方法として有効とされています 通常ボルトとナットは一つずつ使われますが ダブルナットではナット上下重ねて二つ使います こうすることでナット間に引張力が働き ナット同士を締め付ける効果 があります ハードロックナットを使うハードロックナットは日本古来の技術である 楔の原理を元にして1974年にハードロック工業によって開発されました
(04:33) ナット部にくさびの役割を持つ溝が作られています従来のナットに比べ 格段に緩みの発生を抑えられる効果があります 溝付きピントはイーピンを使う ヴォル頭ナットに挿入後ピンをボルトにある穴を貫通させ ナットの溝にはめ込みますこれにより ナットの回転を抑制できネジの緩みを防止できます 溝付きナットはキャッスルナットと呼ばれることもあります て また聞か要素を使う以外に緩みどめ接着剤を使う 対角線に占める増し締めするなどの方法があります ねじが緩むと機械が正常に作動しないなど思わぬ重大な事故にもつながりかねませんの で正しい知識と対処方法を知ること が大切です この動画シリーズでは機械要素設計で使えるようになるために必要な基礎知識となる 次に示す内容を解説しています是非
(05:40) もの web にチャンネル登録をお願いします me ええええええええええええ

【メルマガでも設計に関する情報を配信中】
全18冊の無料PDFテキスト付き
登録はこちらから → https://d-monoweb.com/flpmb/

【関連記事】
ねじのゆるみ止め
https://d-engineer.com/kikaiyouso/yurumi.html

 

関連記事一覧