薄板ピッチ送り供給機構【ピック&プレイス/バラシ/クランプ/チャック/除電/直動機構/機構の安定化/リニアガイド/リニアブッシュ】

薄板ピッチ送り供給機構【ピック&プレイス/バラシ/クランプ/チャック/除電/直動機構/機構の安定化/リニアガイド/リニアブッシュ】 → http://jp.misumi-ec.com/ec/incadlibrary/detail/000437.html?cid=cid_jp_m_mech_20160318_8271_000437_2
その他のユニット事例はコチラ → http://jp.misumi-ec.com/ec/incadlibrary/?cid=cid_jp_m_mech_20160318_8271_000437_2

—–
仕様
 目的・動作
  ワークが下からピッチ送りで供給される為、吸着パッドは一定位置でワークを搬送できる

 環境・操作性
  ワーク供給用及び横行用駆動源は別ユニットとして必要
  安全性を考慮する場合は装置全体を覆うカバーを追加する

 対象ワーク
  薄板樹脂プレート
  サイズ:Φ100×t0.5[mm]
  ワーク質量:0.005[kg]

特徴
 動作仕様・寸法
  外形寸法:W440×D350×H590[mm](ワーク100枚収納時)
  単軸ロボット動作ストローク:60[mm]
  横行動作ストローク:200[mm]

 主要部品の選定根拠
  単軸ロボット
  最大可搬質量 4[kg]以上(単軸ロボットの最大可搬質量(垂直方向)の安全率2倍以上を考慮)

設計ポイント
 主要部品の計算工程
  単軸ロボットがワーク吸着ユニットを可搬可能か検証する
   単軸ロボット
   ワーク吸着ユニットの質量:W=3.6[kg]
   単軸ロボット:RSD106B-C1-N-1-100(仮選定)
   リード:6[mm] 搬送速度:200[mm/s](想定)
   単軸ロボットの最大可搬質量(垂直方向):8[kg]
   最大可搬質量/W=8/3.6=2.22 (安全率2倍以上)
   以上より可搬可能

 構造の作り込みと設計の勘所
  イオナイザー噴射により、静電気による複数取りを回避している

 技術計算リンク
  単軸ロボット

検索コード:#UL437
—–

チャンネル登録はコチラ → https://www.youtube.com/channel/UC90Gu4PkO9dNs-pJ3HZzXwQ?sub_confirmation=1

使用部品はコチラ → http://jp.misumi-ec.com?cid=cid_jp_m_mech_20160318_8271_000437_2
MISUMI-VONA|ミスミの総合Webカタログ|FA・金型部品、工具・消耗品などの通販・検索サイト

ハッシュタグ #inCADLibrary #UL437

関連記事一覧