第12回 力の単位【 MONOWEB(材料力学編)】

・工学単位系とSI単位系の比較
・質量と重量の違い
・「kgf」と「N」の違い

について学べます。

 

【書き起こし】第12回 力の単位【 MONOWEB(材料力学編)】 –

(00:00) 2 [音楽] 材料力学の基礎を学ぶ part 2力の単位この動画では材料力学で計算するときに必ず理解しておかなけれ ばならない 力の単位について解説いたします 材料力学を理解するためには単位について知る必要があります 私たちが日常によく使う単位として メートルキロ病などがあります 谷には様々な種類が存在しますが 機械設計では光学単位系と si 単位系 の2つについての理解が必要です 単位系の k とは関連をなすもので日本では長い間 光学た兄兄が使われてきました1992年に計量法改正があり日本でも順次 国際単位系である si 単位系に移行 をされています実際の設計現場ではこの2つの単位系が混合されて使われることが多い
(01:11) のでその違いを理解しておきましょう こちらは光学タミー系統 si 単位系の比較表です 右の列に示した si 単位系が設計現場で標準的に使われている タニー系ですここに示したもの以外にも多くの単位がありますが 材料力学の計算ではこの表に示したタグ よく利用されます はじめに質量と重量の違いについて説明します 質量は物質そのものが保有する量です 佐藤1g 水1kg など物質そのものが保有する量 質量と言います 重量は物質に働く重力の大きさです 地球と月には十両9または陰力が働いています 月の引力は地球の6分の1です従って地球上では体重60kg の人は体重計の針が 60kg を指します
(02:17) 好きでは体重60kg の 人は体重計の針が10kg を指します 質量は物質そのものが保有する量なので 地球でも月でも同じ値ですしかし 重量は物質に働く重力の大きさなので 地球で60kg の体重の人は好きでは10kg になる のです 次に力の単位です材料力学では キログラム中とニュートンを使います この2つの単位はよく使いますので必ず理解しておきます 近年の設計ではしばしばニュートンが力の単位として使われます ニュートンという単位は日常的にあまり使うことがありませんので 例えばこの機会には力が線ニュートンかかりますと言われてもその大きさが直感的に 理解できないかもしれません そのようなときにニュートンからキログラム中得たにを換算して考え ます換算する場合は1kg 10=9.8ニュートンです
(03:26) つまり線ニュートンの場合約100kg 中となります 簡易的には線ニュートンの0を一つ削除して考えます この動画シリーズでは材料力学を設計で使えるようになるために必要な基礎知識となる 次に示す内容を解説しています ぜひもの web にチャンネル登録をお願いします ん [音楽]

【メルマガでも設計に関する情報を配信中】
全18冊の無料PDFテキスト付き
登録はこちらから → https://d-monoweb.com/flpmb/

【関連記事】
SI単位系
http://d-engineer.com/zairiki/si.html

 

関連記事一覧