機械設計に必要な基礎知識「表面処理」

機械設計では一つの部品に二つ以上の機能をもたせることがあります。
それが「表面処理」です。
表面処理で表面に別の機能を与えます。
例えば、車のエンジンでは、構造材として外形を維持しながらその一部が摺動部になります。
両方の機能を持つ材料を選択する方法の他に、比較的安価な構造材を選択して摺動性が必要な部分に表面処理を施します。

【プロフィール】
「ぜっとん」といいます。
機械系エンジニアとして10年働いているサラリーマンです。
自分の経験や今やっていることが
同じ機械エンジニア、
若手機械エンジニア、
機械系の仕事がしたい学生さん
に役に立てればと思い、情報発信を始めました。

【BGM】
フリーBGM・音楽素材MusMus https://musmus.main.jp/

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。