【協働ロボット】複数マシン&複数ワーク対応 – 加工作業の自動化

加工機へのワーク供給・排出を自動化しました。

多品種少量生産に対応するため、移動式の架台と交換可能な治具を採用。
架台・治具はそれぞれネジだけで固定できるため、ロボットの移設や品種切り替えをスムーズに実行できます。

架台を一時撤去すれば、従来通りの作業スペースを確保できます。
このため日中は人作業、夜間はロボット作業にシフトさせることで24時間体制が実現でき、生産効率を上げることができます。

関連記事一覧