ポルシェが認めた3Dプリンター(フュージョンテクノロジー)

最終製品に利用される3Dプリンターの最前線を動画にしてみました!
量産したいけど金型を製作するのは価格がネック、、多品種少量の救世主!それが3Dプリンターです。市場が成熟しておらず、群雄割拠の3Dプリンタ業界ですので、引き合いが良くきます。
しかも、今回は中国初の上流3Dプリンターでございます。
実力はいかに?!

・フュージョンテクノロジーのホームページ
https://fusiontechnology.co.jp/
・フュージョンテクノロジー特設ページ(イプロス)
https://premium.ipros.jp/fusion-technology/?hub=157+4557824
・ポルシェが資本参加の記事(新闻中心 (qq.com))
https://open.work.weixin.qq.com/wwopen/mpnews?mixuin=u39fCgAABwAlAhulAAAUAA&mfid=WW0305-r0XF1wAABwD-vzsK5F_-awQnlzd5b&idx=0&sn=1728ae4800fad2697772d44658d3dafb

《目次》
■0:00 イントロ
■1:20 3Dプリンター市場
■2:50 3Dプリンター種類 ・材料種類
■7:50 3Dプリンタの紹介
■12:48 採用実績
■16:55 まとめ

■参考資料(出所)
・Vat Photo Polymerization (液槽光重合)

・結合剤噴射 (BJT) Binder Jetting

・材料押出 (MEX) Materials Extrusion

・材料噴射 (MJT) Material Jetting

・粉末床融合 (PBF) Powder Bed Fusion

・シート積層 (SHL)
Sheet Lamination https://www.youtube.com/watch?v=ciCxNgROtm4
指向性エネルギー堆積 (DED)
・モールド金型の図

・additive manufacturing global market
http://scet.berkeley.edu/wp-content/uploads/AIR-2016-3D-Printing.pdf
・3Dプリンターを使用する業界分布

・3Dプリンター用フィラメントPEEKタイプ VICTREX 450G(モノタロウ)
https://www.monotaro.com/g/04103491/?t.q=3D%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%80%80PEEK

《参考動画》
・都産技研 金属3Dプリンター(金属粉末積層造形装置)による造形

・5千円以下の低価格セラミック3Dプリンター「CERAMBOT」登場!

・材料噴射型

・Meet the second high-resolution, laser-drawn resin 3D printer from Formlabs

■ものづくり太郎チャンネル ものづくり太郎のプロフィール
YouTube 活動のためミスミを退社。日本では製造業に関わる人口が非常に多いが、
YouTube の投稿に製造業関連の動画が少ないことに着目し、「これでは日本が誇る製
造業が浮かばれないと」自身で製造業(ものづくり)に関わる様々な情報を提供しよ
うと決心し、活動を展開。ものづくり系 YouTuber として様々な企業とコラボレーシ
ョンを行っている。業界に関する講演や、PR 動画制作等多数。

#3Dプリンター #多品種少量 #金型 #航空部品 #自動車部品 #スーパーエンプラ #PEEK材 #ポルシェ

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。