欧州『石炭火力発電』が復活【日本は節電ポイントを導入】

動画をご視聴いただき、ありがとうございました。
脱脱石炭?ドイツも環境より経済優先のようです。
節電ポイントは2000円分との報道が出ています。
動画は毎日19時に公開しています。

 

【書き起こし】【石炭回帰】欧州『石炭火力発電』が復活【日本は節電ポイントを導入】 –

(00:00) おはようございますこんにちは本日は石炭 復活のお話をしますドイツやオランダと いった欧州の国々が脱石炭を諦めるという 方針転換を発表しています2022年6月 19日ドイツは石炭火力発電を推進すると いう新しい方針を発表していますもともと ドイツは欧州の中でも立つ炭素の急先鋒 でした脱石炭と脱原発を目標として掲げて いまこのような政策を打ち出していた緑の 党は2021年の総選挙で大きく議席を 伸ばして今経済機構を保護大臣も緑の党 から選ばれていますこのように環境政策を 根幹としている政党は方針転換をしている というのは非常に大きな出来事です bar ベック経済機構広報大臣はガスの消費を
(01:07) 減らすためには必要なことだと述べて今 ドイツは再生可能エネルギーを主力電源と して需給変動を天然ガス火力発電によって 吸収する構想を推進していますしかしこの 構想を実現するためには大量の天然ガスが 必要となりますドイツは天然ガスの大半を ロシアからのパイプライン輸送に依存して いますしかしロシアは欧州向けの天然ガス 輸出を制限し始めています背景にあるのは ウクライナ問題でありウクライナ側を支援 しているドイツに天然ガスを輸出しないと いうのはロシア側の立場からすると当然の 戦略です現在ウクライナでは一進一退の 状況が続いており数年レベルでの長期化の 可能性も指摘されていますそのため天然 ガスの輸入が回復するめどが立ちません
(02:13) 天然ガスが利用できないにしても石炭火力 より原子力の方は環境によさそうでしかし ドイツは年内に原発ゼロを実現するという 計画を発表して今ここで脱原発まで断念 すると緑の党としての立場がなくなって しまうためこちらは計画通りに進めると およそされますこのような石炭火力を復活 させるという動きはドイツに限定された話 ではありません欧州ではオランダも石炭 火力発電のフル稼働を認めるという方針 転換を図っていますここで不透明になるの は再生可能エネルギー開発の行方で石炭 火力発電は二課に追従する運転を苦手とし ています通常ベースロード電源として利用 されており太陽光発電など再生可能大 エネルギーとは共存させに行く1等いう
(03:19) 特徴がありますしたがって再生可能 エネルギーの導入にもブレーキがかかる 可能性があります日本においても電力不足 が問題視されています今のところ欧州の ように石炭火力派つ前の復活にまでは 踏み込んでいません黒い石炭火力発電所に ついては廃止の方向性で進んでいますその 代わり政府は節電ポイント制度を打ち出し ていますこれは消費者向けの制度であり雪 前に応じて幅広く利用できるポイントを 付与する制度をつくると発表されています 主たる目的は調子者物価抑制と説明されて います他にも貿易赤字が増える一方であり 燃料の輸入量を減らした該当いう意図も ありそうです節電ポイントは総理大臣の 発言ですが制度設計は未定となっています 節電量に応じてポイントを付与するという
(04:27) サービスは一部の電力会社がすでに導入し ていまこのような試みを元にして国が制度 化するとされています電力会社の事例とし ては東京電力が夏の節電チャレンジ 2022を開催中です期間は6月8日から 9月30日までどのような制度となって いるのか見ていきます節電チャレンジの 対象を時間帯に節電した量に応じて雪便 ポイントがもらえるという仕組みです電力 の需給状況にあわせてチャレンジの対象を 時間帯は変わります前日または当日1時間 前にチャレンジ時間帯についてメールで 通知されますポイントは節電ポイントとし て貯めることができますキャンペーン終了 後に暮らしてぷこポイントが付与されます 注意点として節電ポー員とのうち暮らして ポコポイントに交換できるのは1500
(05:35) ポイントまでですこのクラシーてぷ高 ポイントはは音や amazon ギフト 券などと交換できます 国の制度になるときはマイなポイントに 東欧されるのではないかと予想されま節電 量を計測するためにはスマートメーターが 必要となりますスマートメーターは30分 ごとに電力消費量を電力会社に装置んして います節電ポイント制度を導入している 東京電力管内はすべてスマートメーターに 入れ替え海ですスマートメーターを導入 すると献身ポストを削減できるという 大きなメリットがありますしかし全国に目 を向けると2019年時点でも 63.7%の普及率にとどめあって今 国ま始める節電ポイントが貯められないッ となると地方の電力会社にクレームが殺到 してスマートメーターの普及が一気に進む
(06:42) かもしれません 環境問題の急先鋒であった欧州の方針転換 は日本にとっても影響を及ぼします地球の 帯域は一つであり日本だけが脱石炭を進め たところで大した意味がありませんまた 世界的に石炭火力発電をやめないのであれ ば電気自動車の導入はダーツ炭素の観点で 見ると価値が減ってしまいます ハイブリッド車で良いのではないかという 話にもなってきますまとめでっ 欧州において石炭に回帰する動きが出てき て今日本では節電ポイント制度の導入が 話題になっていま 日本も脱石炭を棚上げという判断を釣るの かもしれません ここまでご視聴頂きありがとうございまし たをのチャンネルでは新エネルギーや電池
(07:46) 電気自動車に関する情報を発信しています よかったらチャンネル登録高評価をして 頂けると嬉しいですいつも高評価ボタンを 押していただいている皆様本当に ありがとうございま

[サブチャンネル]
https://www.youtube.com/channel/UCeURBbI0eyf8OqZ4swMk38w

[お知らせ]
☆ 本チャンネル初の書籍がAmazonに登録されました ☆
▽▽▽ よかったら見ていってください ▽▽▽
https://amzn.to/39FVEs0

[アフィリエイト]
◇ Amazon → https://amzn.to/3eHPvf2
このリンクを介して買い物をして頂きますと、私の懐に売上の一定割合が入る仕組みです。協力頂いた皆さまに感謝の心を持ち、チャンネルの改善活動に利用させて頂きます。

[SNS]
TikTok:https://www.tiktok.com/@erestage
Instagram:https://www.instagram.com/erestagelab/
Twitter:https://twitter.com/erestage
Official Site:https://www.erestage.com

#石炭
#火力発電
#節電ポイント

関連記事一覧