【TIG溶接】40Aボイラーチューブ横向き溶接

https://www.youtube.com/watch?v=z9QxJdjKImk

ボイラーチューブの横向き溶接です。
レントゲンの際に気を付ける点など解説しています。
現場でよくやる高速な溶接方法も紹介しています。

 

【書き起こし】【TIG溶接】40Aボイラーチューブ横向き溶接

(00:00) [音楽] dj ロボット吉田ベルディングじゃあです今回はオイラーチューブの所 com 美容術を していきたいとおもいます 版10年になります ギャップは4.5で 配管は何ですかね配管は 今4.5もいいですね厚み4.5 b です 始めていきたいとおもいます 助手です [音楽] [音楽]
(01:06) 1走目中部3がーですまず仮付を温めてから 裏側が溶け始めたら棒を入れます 棒を入れる場所は開削から棒1本分中に入れた場所を狙うといいですね そして水害の場合は回先の上があり棒を入れていくと裏波形れにくいです 反復できいながら持っていき裏ナビをよく見ながら プールが某送った時に膨らんだら登頂したに降り 回先を埋めクレーターにしてちょっと冷やすを繰り返す反復スタイルです 現場などでは設定は反復ですが本殿瘤脳は切らずに行ったり 反復を使ったりと母材の条件により組み合わせて溶接しています キャップをかぶっているあっ 水平のボイラーチューブはみぎてひだりて両方使います たまに現場で右手のまま左側を器用に4節する人がいますが逆に難しいので両手使える ようにしておくのが良いと思います
(02:18) 1走目左側です つなぎのやり方ですが今回のチューブは5ミリもなかったのでそれほど油酢 ビードがつながったら3秒ほど待って 4多めに入れて10ミリぐらい進めばだいたいつながります プールが揺れたらやプールが沈んだら なだといろいろ表現がありますがチューブは大抵つながった瞬間 まだ肉が薄い状態で3秒待って防護を入れれば大丈夫です 裏側にピットが開かないように反復でかい先の外にクレーターを逃して終了です 諸相が半分終わった状態の裏波です綺麗につながっているのがわかると思います 1走目版タイガーです真横のつなぎはよく炙り反対側のビードとのなじみを良く見て 進み出します 水平では真横部分が抗体法君になり ブローが入りやすいのでプリフローを特に気をつけます
(03:24) フリーフロートは初期フローと呼ばれたりもします 最初にガスを出してから数秒待ってアークを出すことです レントゲンなどではこれをやらないとスタートにブローが入りますので クセ付けておくのが良いです 機械で難病プリフローをするかなど設定できます あとは現場で仮付が短いと片側が狭くなっていることがよくあります 棒が2.4ミリしかないということもよくあるのであぶって回先を作るやり方や グラインダーの切断場で隙間を広げるなどして棒が回先の中に入る状態にしてから行っ たほうが確実です 炙って回先を作るやり方は早くておすすめですがルートフェイスに厚み ができてしまうので回先が解けずに残りやすいので気をつけましょう [音楽] [音楽] 2走目ですが気をつけることはウラナミを崩さないように熱を入れすぎないことです
(04:52) あとはよ森を吊らより1ミリくらい上げて仕上げの時にあまり棒を入れずにすむように します 厚みがないので電流もあまり上げません そして上下に融合不良をつくらないように 1走目と2層目のなじみを見極めながら進みます [音楽] [音楽] [音楽]
(06:01) エイ ん [音楽] この部分のつなぎで融合不良が出やすいので最初は棒をあまり入れずによく表面を 溶かしてなじませます そして諸相から仕上げまで言えることですがなるべく多くから溶接しておくと反対側の 人が楽です [音楽] [音楽] 1走目と2走目で融合不良を出さないための見極め方ですが
(07:24) 棒を入れたときにプールが前に伸びたら 溶け込んでる合図です今回の場合庶層と2層目は上下にウィービングしているので まず上側で棒を入れたときにフールが伸びたら下にウィービングします 映像をよく見ると下に降ったときにもフールが前に進んでいるのがわかると思います [音楽] 3層目仕上げですが今回は現場でボイラーマンがよくやるやり方を紹介します 高電流で棒をちょんちょん上から送ってストリンガーでもっていくやり方です 今回は電流は2層目から上げていませんが
(08:29) てが追いつくなら180アンペアぐらいまではこのやり方で後続に溶接できます 繋ぎはしっかり炙り棒を入れたらちょっとだけ反対側ビード方向に当地を持っていき スタートします この方法は慣れるまでは送りが追いつかないので手袋がよく焦げます 火傷もします ですが練習する価値はあると思います 今回は単菅パイプなので熱の逃げ場がなく外観は汚いですが現場でうまいこといくと ビード外観はかなり綺麗になります 1パス目はタングステンの角度は上向きでいいですが 2 pass 目は棒が途切れるとカットが入りますので慣れない間は一番上のビード の時だけ角度を平行にすると カットは防げます あとこの方法の時は 若干いつもよりアーク長は長めにとっています
(09:37) [音楽] [音楽] [音楽] [音楽] [音楽]
(10:56) [音楽] [音楽] [音楽] 最後にクレーター部をグラインダーで撮って終了です [音楽] 輪切りにしました
(12:02) ウラナミの状態です だいたい12ミリメートル揃っています つなぎも問題ないです このぐらいだとレントゲンは問題なく通ります [音楽] ええええええ ピース数 tee [音楽]

Electro-Light – Symbolism [NCS Release]

http://spoti.fi/NCS

関連記事一覧