鉄鋼の焼鈍し,焼入れ,焼戻し。ピアノ線の焼入れによるマルテンサイトへ。

炭素がほとんど含まれていない針金と炭素量が多いピアノ線を用いて,鉄鋼の基本的な熱処理である焼鈍し,焼入れ,焼戻しの簡易実験の模様です。炭素量が多いピアノ線は焼入れによってマルテンサイトに変態します。マルテンサイトはとても硬く,日本刀や和包丁の刃の部分も焼入れによってマルテンサイトになっています。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。