超音波洗浄技術で発生する、球状星雲型のキャビティーの生成と消滅・拡大映像

https://www.youtube.com/watch?v=RSZXzS-0SV0

真・超音波洗浄技術で 発生する、球状星雲型のキャビティーが 2mmφのSUSに作られたバリに 1秒間に五万回生成と消滅を繰り返しながら、秒速約50~100mで ぶつかっていく、貴重な映像です。上下が 1000分の1秒 ずれています。キャビティーの発生時に 中心核から 外側に、消滅時には 逆に 中心核に向かって 衝撃波が 発生します。それを 正と負の衝撃波と言います。さらに 詳しくは、㈱ブルー・スターR&D の HP http://www.blue-galaxy.co.jp/ を ご覧ください。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。