真・超音波洗浄技術のキャビティーの発生状況

https://www.youtube.com/watch?v=uSXMY9kvWLY

水の中の含まれる空気の含有量を 目的に合わせて コントロールして、液の深さ、槽の幅、奥行きなどを 超音波洗浄理論[shibano理論]に基づき コントロールします。そうすると安定して 球状星雲型のキャビティーが 無数に発生するようになり、強力な洗浄力を発揮します。応用も無限です。この技術は 1993年に ワシントンで発表され、日々進化し 今日に至っています(映像は、1993年撮影のもの)。本当に(真に)正しい超音波の使い方を忠実に理論どおり実行して行く事が必要です。他の 超音波のキャビティー分布との 違いを ご覧ください。理論的な詳細は、㈱ブルー・スターR&DのHP http://www.blue-galaxy.co.jp/ を ご覧ください。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。