電気亜鉛めっきの工程

電気亜鉛めっきは、めっき後にクロメート処理を施します。

亜鉛は、両性金属ですので、大気中にて塩基性炭酸亜鉛などのいわゆる
「白サビ」を発生して比較的早く腐食してしまう為です。

そのため亜鉛自体の耐食性を長期間維持させるために、亜鉛めっき皮膜の
表面に「クロメート処理」を施すのが一般的であり鉄の防錆としては
代表的なめっき加工処理方法です。

亜鉛めっき加工皮膜には、「犠牲的防食作用」という特徴があり皮膜に
キズ等がついても修復させる機能があので安心して防錆対策に使用
出来るめっき処理です。

関連記事一覧