予算と実績の差異分析と管理の実践

予算や目標を達成するためには、実績との差異を分析し、その原因に対する対策を繰り返すことが必要です。
予算管理シートを使って、予算の差異を相関、傾向、バラツキの視点で分析してみましょう。
ConsultSourcing Corp

 

【書き起こし】予算と実績の差異分析と管理の実践

(00:00) 予算管理シートを使って自分の仕事における予算と実績の差異分析をしてみましょう ステップごとの説明に従って予算と実績のサイト 原因の分析を行います これから説明する手順に従って検討して予算管理シートに記入してください 樹齢はあるラインの労務費を示しています 最初に予算を明確にします 対象とするラインや職場を決め直近の半年間の労務費の予算を調べてグラフに記入して ください 3ヶ月程度の実績のある予算にしてください 労務費の予算がわからない場合は生産数や処理数と比例させた値にしてみましょう 自分の業務においてイメージしやすい事例で考えてください 事例を参考に考えてみましょう 続いて予算に対する実績と余日さをグラフに記入してください
(01:09) 4実里は予算と実績の差のことです 日後3ヶ月程度の実績を調べて記入してください 実績がわからない場合は分からないことそのものがダインや職場の真っ先に解決し なければならない課題です実績の見える化のための改善に取り組みましょう 実績がわからない場合は推定値を記入してください 事例を参考に考えてみましょう 路地つ差が明確になったらなぜそのような結果となったのか原因を考えてみましょう 相関支店は喧嘩が比例して大きくなったり小さくなったりする指標と対比して分析し ます 傾向分析は喧嘩が時期やタイミング 工程によって特徴的な傾向を示していることを分析します ばらつき支店は喧嘩のばらつきの幅やうねりなどの変化から分析します
(02:17) 事例を参考に考えてみましょう 4実沙の分析から原因がわかったら 対策案の立案を行います対策には予算や事業計画し現計画の見直しを行う修正 原価低減やコスト体質改善があります 修正は隆起計画や事業計画し現計画と予算計画を修正することです 原価低減改善の代表的方法がロスコスト改善です16台ロスなどさまざまなロスの視点 で ジョスコストを見つけ出してロスをなくす改善を行う取り組みです 事例では資源計画の見直しとして配置計画と教育計画の見直し 原価低減への取り組みをしています 事例を参考に考えてみましょう

関連記事一覧