放電加工

放電加工は、主に金属材料の精密加工を行うための非接触加工技術です。この方法では、被加工材料と電極の間に高電圧が印加されることで微小な放電を発生させ、局部的な融解・蒸発を引き起こし、材料を削り取ります。放電加工は、形状が複雑な部品や硬質材料の加工に適しており、その精度は数ミクロン単位に達することができます。

放電加工には2種類の主要な方法があります。1つ目は「ダイシンク放電加工」で、電極(主に銅や黒鉛)を被加工材料に対し一定の距離を保ちながら沈み込ませることで、電極の形状に応じた複雑な凹部を作成します。この方法は、金型やプレス部品の製造に広く使用されています。

2つ目は「ワイヤ放電加工」で、細い導電性ワイヤー(主に真鍮や銅)を使用し、被加工材料を切断することができます。ワイヤ放電加工は、精密な切断や切り抜きが必要な部品の製造に適しています。

放電加工の長所は、非常に高い精度と複雑な形状の加工が可能であること、熱影響が少なく材料の変質が少ないこと、硬質材料や特殊材料の加工が容易であることが挙げられます。一方、短所としては、加工速度が比較的遅く、加工コストが高くなることや、電極やワイヤの摩耗が進行することがあります。

製造業において、放電加工は金型、航空宇宙部品、医療器具、自動車部品などの精密部品製造に欠かせない技術です。適切な設備と技術力を持つことで、製品の品質と生産効率を向上させることが可能になります。