改善における現状把握の実践

改善では、原因分析と改善策に注目が集まりますが、原因分析や改善策立案、効果を左右するのが、最初に行う現状調査です。
効果的で効率的な改善を行うための現状調査の仕方をステップ毎に実践方法とポイントを解説します。

 

【書き起こし】改善における現状把握の実践

(00:02) 現状方空のステップは次のとおりです step 1テーマの確認 選定したテーマを認識し共有します step 2現状把握の指標と特製の決定 現状を把握するための指標と特性を決定します step 3実績の把握 それぞれの実績を定量的に調べます step 4重要度緊急度の評価 特性について重要度緊急度をそれぞれ5段階で評価します step 5重要度かける緊急ので重要特製の絞込み 特性について重要度かける緊急ので評価し 重要特性を絞り込みます step 1テーマの確認 まず現状把握のテーマを決定しましょう 改善の目的に沿ったテーマとしましょう 月天したテーマを共有しましょう 体もを明確にしておくことで調査把握が目的範囲から外れることを防ぐことができます
(01:13) またチームで実施する場合は目的と範囲の認識と共有につながります 事例では出荷品質の向上をテーマとして示しています step 2現状把握の指標と特製の決定 現状を把握するための指標を決定します テーマの問題点が現れる状況を示す指標を選んで決定します 次に選んだ指標について詳細データが得られる特性 既にデータとして持っている特性を明確にします 特性は指標をさらに細分化した調査項目です step 3実績の把握 指標について前年実績値を調査し 記入します 次に特製ごとの実績値も調査し 記入します 実績は定量的に調べましょう 必要があれば新たに測定しましょう てっぷよん重要度緊急度の評価
(02:17) 特製事の重要度を5段階で評価します 指標の実績値に影響を与える強さで評価してください 強く影響するものが重要度が高いものです 次に特製ごとの緊急度を5段階で評価します 製品やサービスの品質を阻害する影響の強さで評価してください 深刻な品質問題を起こすものが緊急度が高いものです 重要度緊急度が高いほど数字が大きくなります 5段階の基準は自分が分かりやすい基準で考えてください 評価を行う場合中央のさんに評価が集まりがちです あえて高い低いのどちらかに振るようにしてください step 5重要度かける緊急ので重要特製の絞込 重要度と緊急度をかけて総合評価点を求めます 例えば製品寸法不良であれば重要の三天掛ける緊急の3店で9点となります
(03:27) 総合評価点の最も数字が大きい特性が重要特性になります 改善活動ではこの重要特性において目標の設定を行います 事例では25点が最も数字が大きいものになります したがって重要特選はシャラー流失クレームの特性 輸送自製品破損不良に絞り込むことができます この重要特性に対して改善活動をスタートさせます

関連記事一覧