第11回 5つの力【 MONOWEB(材料力学編)】

・なぜ材料力学を学ぶ必要があるのか?
・「引張り」の力とは
・「圧縮」の力とは
・「せん断」の力とは
・「曲げ」の力とは
・「ねじり」の力とは
・静荷重と動荷重

について学べます。

 

【書き起こし】第11回 5つの力【 MONOWEB(材料力学編)】 

(00:00) 材料力学の基礎を学ぶ part 15つの力この動画では材料力学を理解するために必ず知っておかなければ ならない 5つの力について解説いたします 材料力学とは材料力学は機械工学の一分野であり 大学の講義で学ぶことができます大学の講義で学ぶ 材料力学では微分積分やテンソルなどを使った難しい内容も多く含まれますしかし設計 を行うた 女にこれらを理解して使いこなせるようになる必要性は高くありません むしろ感覚的に物体にかかる力を捉えるセンスの方が重要ですこの動画では材料力学の 問題を解決するために必要な公式をいくつかご紹介します あなたが実際に設計を行う場合これらの公式を使った計算は欠かせません
(01:09) ここでは材料力学の公式が設計実務の中で使えるレベルになれるように最低限必要な 内容に絞って解説を進めていきます では材料力学を学習する前になぜ材料力学を学ぶ必要があるのか明確にしましょう 設計者にとって材料力学は必須の知識です なぜなら壊れない期間や製品を設計するために必ず必要となるからです また自分が設計した機械や製品をよく知るためにも必ず必要とがあります つまり材料力学は設計した機関や製品が目標とする性能や機能を実現するための ナビゲーション位のような存在といえます すべての形には今 虚がありますその根拠の一つの要素が材料力学なのです 例えば橋の形を見てみましょう ほとんどの端は三角形の組み合わせで成り立っています
(02:15) なぜ四角形ではなく三角形なのでしょうか これは橋の部材にかかる力を分散するためですこのような構造を トラス構造といい 非常に強く安定した構造になります 例えば四角形の場合上からの力に強いです しかし地震などによって生じる横からの力には非常には来ずのように歪んでしまいます では斜めに補強材を入れてみます すると三角形になりますそして横からの力に強くなりますこのように ものを席巻する際に は材料力学の知識を使う場面がたくさんあります ぜひこの動画シリーズで材料力学の基礎知識を身に付けてあなたの設計業務でお役立て ください それでは少し前置きが長くなりましたが 5つの力について説明していきます 材料力学では次の5つの力が代表的な力です
(03:22) この五つ以外はありませんそれぞれ説明いたします はじめに引っ張りの力です やっぱりの力とは材料の量たの外側に引っ張る力のことです 例えば綱引きの綱が外側に引っ張られるときにかかる力のことです圧縮の力 圧縮の力とは材料を両側から内側に押す力のことです 例えば羽根が縮む時の力やトラックが橋を渡るときに道が受ける力のことです センダンの力船団の力とは 材料が横にずれる方向に働く力です 例えば壁に掛けるフックを固定するボルトです このボルトにはフックに掛けられた荷物により切断しようとする力が働きます 曲げ後から曲げの力とは材料を曲げるように働く力です 棒の上から力がかかった時に中央が曲がるようにかかる力のことです
(04:32) 目尻の力目尻の力とは 材料をねじるように働く力です 例えば自動車のドライブシャフトに働く力のことです以上が材料力学の代表的な5つの 力です 材料力学の力を表す用語は果汁とも いいます以降の解説では果汁という言葉の使いますので 果汁とは力のことだと理解してくださいではこの果汁をさらに詳細に理解していき ましょう 静荷重とどうか中ここまでに開設してきた果汁は性的な果汁です 性的な果汁とは果汁が時間変化せず一定にかかる荷重のことです そして性的な荷重に対して動的な果汁が存在します 動的な果汁は次に示す3つの荷重があります 衝撃荷重とかたぶりの繰返し荷重量ぶりの繰返し荷重の3つです 衝撃荷重は瞬間的に発生するか中です
(05:43) 例えば2水中のバルブのコックを一気に占めると水が短時間に天使して衝撃を発生させ ます これをウォーターハンバート言いますまた ハンマーで物体を叩いた時に発生するような 果汁ですこのような力を衝撃荷重と言います 方ぶりか10は図のように引っ張り または圧縮された状態から変形が元に戻るのを繰り返すか中です 一方両ぶり荷重は引っ張りと圧縮を繰り返すか中です 機械設計を行う際はその期間や製品がどのような果樹を受けるのか考慮してその荷重に 対して問題が出ないように設計する必要があります これらの果汁の種類をしっかりと理解しておきましょう この動画シリーズでは材料力学を設計で 使えるようになるために必要な基礎知識となる 次に示す内容を解説しています
(06:49) ぜひもの web にチャンネル登録をお願いします ん [音楽]

【メルマガでも設計に関する情報を配信中】
全18冊の無料PDFテキスト付き
登録はこちらから → https://d-monoweb.com/flpmb/

【関連記事】
力について
http://d-engineer.com/zairiki/chikara.html

 

関連記事一覧