第41回 キー【 MONOWEB(機械要素編)】

・キーとは?
・キーの大きさは、軸の太さによって決まる
・キーが受けられる力は、それぞれの材料の剪断応力によって変わる
・キーの種類と用途

について学べます。

 

【書き起こし】第41回 キー【 MONOWEB(機械要素編)】

(00:00) re [音楽] ん 聞か要素の基礎を学ぶ part 5キーこのパートでは キーについて解説しますそれでは早速本題に入っていきます ヒートは軸と回転体を滑らないように締結させるためのものです またこれによって他の歯車などへ 動力を効率よく伝えることができます とてもシンプルな部品で簡単に分解できます 別名マシンキーとも呼ばれ一般的 に明示される住宅のキーである鍵とはまったく異なったものです キーの大きさは取り付ける軸の太さによって決まります つまり軸の太さが決まれば自動的にキーの大きさも決まるということです 具体的なキーのサイズは jis の表で調べることができます 軸に対応したキーのサイズが表から得られます
(01:07) キーが受けられる力はそれぞれの材料のせん断応力によって変わります せん断応力の船団とははさみで切る時のような ねじり切る切り方のことですセンダンする際には抵抗して押し返してくる力が発生して おりこれをせん断応力と言います一般に軸に取り付けられる 歯車やプーリーなど市販品おり 利用すれば強度は保証されているのでキーの強度計算は必要ありません キーの種類 キーの種類はキーをはめ込むキー溝があるものとないものに大別されます キー溝があるものは動力伝達用で キー溝がないものは経過重要です いいには表に示すように様々な形のものがあります この中でも平行キーが標準的に使用されるキーですのでこれについて次に紹介します 平行キー伝動装置など一般的によく使われている木です
(02:16) 行くと回転体などのボスの両方に聞い水を作り キーをはめこみます回転体の動力が確実に伝わるというメリットがあり高速回転 重荷重に適しています またキーを軸にボルトで固定して軸方向にスライドできるようにしたものが活動型と 呼ばれるキーの種類です キーの材質は非鉄金属など軸と異なる材質を用います 以上このパートではキーについて解説いたしました ああああああ この動画シリーズでは機械要素設計で使えるようになるために必要な基礎知識となる 次に示す内容を解説しています ぜひもの web にチャンネル登録をお願いします ん [音楽] me

【メルマガでも設計に関する情報を配信中】
全18冊の無料PDFテキスト付き
登録はこちらから → https://d-monoweb.com/flpmb/

【関連記事】
キーの種類
https://d-engineer.com/kikaiyouso/keynosyurui.html

 

関連記事一覧