機械製図の「公差・はめあい」について解説

機械製図では、基準寸法に対する許容幅を考える必要があります。

製品のできばえ(できあがり)寸法である「実寸法」に対して、
あらかじめ許された誤差の範囲限界である「許容限界」の大小2つの限界を示す必要があります。

大きい方を最大許容寸法、小さい方を最小許容寸法といいます。

最大許容寸法と最小許容寸法の差を「寸法公差」といいます。

公差をもつ部品を実際に組み合わせるときに考えることがあります。

れが「はめあい」です。

【プロフィール】
「ぜっとん」といいます。
機械系エンジニアとして10年働いているサラリーマンです。
自分の経験や今やっていることが
同じ機械エンジニア、
若手機械エンジニア、
機械系の仕事がしたい学生さん
に役に立てればと思い、情報発信を始めました。

【BGM】
フリーBGM・音楽素材MusMus https://musmus.main.jp/

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。