たった5分で等角図から正投影図-2第三角法が分るようになる

等角図の凹凸形状を 正投影図に置き換えようとした際に
凹凸形状の何処の面が正面図又は右側面図として見えるのかが
非常に判断しづらいと考えており、今回 その点を分りやすく解説させて
頂きました。 本動画が 貴方の未来の お役に立ちますように。

 

【書き起こし】(2) たった5分で等角図から正投影図-2第三角法が分るようになる –

(00:02) 皆さんはじめまして たった5分で等角図から正投影図 第三角法がわかるようになる ご視聴いただきありがとういいいいねぇ 本日これを聞くだけで正投影図の書き方が理解できるようになりますので最後までご 視聴お願います こんな悩みはなかったでしょうか 等角図から正投影図の 正面図と右側面図を作図するにあたり階段形状の部分がどう見えるのかが分からない これは 正面図または右側面図から見た際に階段形状のどの面が見えもしくは見えないのかが 判断しにくいからです 正面図として見える面を考える まずはじめに a 面に目直方高榮山を考えた際に a 線と並行になる線を持った麺 は正面図として見えない そして曳船飛ん直になる平面もしくは角度を持った便は正面図として見ることができる
(01:13) 右側面図として見える面を考える 次に b 面2面直方向の b 線を考えた際に 便箋と並行になる線を持った麺は右側面図として見えない そしてヴィンセント面直になる平面もしくは角度を持った麺は 右側面図として見ることができる 正面図を作図する 1基準点から左水平方向に6ますの線を作図する 基準点と a 点から上垂直方向に音ますの星を作図する 3点 b から左水平方向に6ますの線を作図する 4基準点から上垂直方向にます-1-10 c から左水平方向ににますの線を作図 する 号店 d とでいいを直線でつなぐ 6点 d から上垂直方向ににますの線を作図する これで正面図の完成となります
(02:22) 右側面図を作図する 1基準点から右水平方向に4橋の線を作図する に基準点と a 点から上垂直方向に4マスの線を作図する 3点 b から右水平方向に4マスの線を作図する 4基準点から上垂直方向にますの市てぇ c から右水平方向ににますの線を作図する 4点 d とでいいを直線でつなぐ 6点 d からウェイ垂直方向ににますの線を作図する これで右側面つの完成となります 平面図を作図する i 邸 a 10尾電信沖展と秀英垂直方向に補助線を作図する 兄10 d とていいを起点とし左水平方向に6ますの線を作図する 3点 d と10 e 缶を直線でつなぐ
(03:30) 4点 d から上垂直方向にます-1-10時から左水平方向に6町の線を作図する これで平面図の完成となります いかがだったでしょうか これであなたも第三角法投影図の配置についてご理解いただけたのではないでしょうか また次の動画作成の励みとしたいため チャンネル登録をぜひお願いいたします ご視聴いただきありがとうございました

関連記事一覧