第22回 応力集中【 MONOWEB(材料力学編)】

・応力集中とは、ある特定の部位に応力が集中すること
・最大応力は、応力集中係数に平均応力をかけたσmax =α×σoで求めることができる
・応力集中が発生しやすい部位とは

について学べます。

 

【書き起こし】第22回 応力集中【 MONOWEB(材料力学編)】

(00:00) car えっての 材料力学の基礎を学ぶ アート等エルブ応力集中このパートでは材料に力が加わった際に局所的に応力が集中 する現象である応力集中について学習します それでは早速本題に入っていきます 応力集中とはある特定の部位に応力が集中することを言います 実際の設計では応力が集中しないように設計する必要があります なぜなら応力集中が部品の破損につながることがよくあるからです まずは応力集中を理解していただくために 次の2つの試験片にかかる応力の違いを見てみます はじめに図1の部材をした方向にか10 p で引っ張った時の応力を求めます 応力は果汁が加わる断面積を a としたとき次の公式で求めることができます
(01:11) 応力=か10 p 悪断面積 a この場合断面には大きさが1ような応力がかかっていることが分かります 次に図2の形状にか10 p を同様に加えてみます そうしますと切り欠き部の近郷で応力集中が生じることになります この時断面に発生している応力は平均応力より大きな応力になります 応力集中の度合いは応力集中係数アルファーで表されます ここでか10 p を断念席 b で終わった応力を 公称応力といい子能力をし熊王で表すと 応力集中係数アルファーはアルファ =シグマを分のシグマ max となります従って最大応力は 応力集中 集計数アルファかけるシグマ大手求めることができます 応力集中係数アルファーは形状や寸法などによって異なり
(02:20) 各種文献などで調べることができます 応力集中は次のような部位で発生します 切り欠き部 コーナー部 製造時に材料内部に発生した 空洞部 残念だ急激に変化した v 部品の破壊は応力が集中する部分から発生することが多いためできる限り応力集中を 低減させる設定が必要です 例えば切り欠き部をなくしコーナーには十分な r をつけ 断面の急激な変化をなくし製造時に空洞が発生しないように 肉抜きを入れたりすることで応力集中を回避することができます 以上応力集中について解説いたしました おおおおおおおおおおおお 応力集中は切り欠きなどによって生じその近傍近くでは加えた力が数倍になって作用し ます
(03:23) 設計ではこのような形状にならない工夫が必要となってきますこの動画シリーズでは 材料力学を設計で使えるようになるために 1 つような基礎知識となる次に示す内容を解説しています ぜひもの web にチャンネル登録をお願いします 持ってい [音楽] ん

【メルマガでも設計に関する情報を配信中】
全18冊の無料PDFテキスト付き
登録はこちらから → https://d-monoweb.com/flpmb/

【関連記事】
応力集中による破壊
https://d-engineer.com/zairiki/ouryokusyuutyuu.html

 

関連記事一覧