Inventor初級講座 アダプティブ機能の使い方:寸法変更で形状全体を追随させる方法

  • HOME
  • 動画
  • 機械設計
  • Inventor初級講座 アダプティブ機能の使い方:寸法変更で形状全体を追随させる方法

パーツの寸法を変更することで、ほかのパーツの寸法も紐づけて自動で変更できる機能がアダプティブ機能です。
簡単な題材を例に詳しく解説しました。

・スクリュウコンベアのデータダウンロード
https://drive.google.com/drive/folders/1FW256R8TFjKl8_vYLqAsy8GRK0QS0N0C?usp=sharing

・穴基準アダプティブ機能例題データダウンロード
https://drive.google.com/drive/folders/1W8c7ZWXjzBJdWCcix50wVPPowQU7c6VM?usp=sharing

・軸基準アダプティブ機能例題ダウンロード
https://drive.google.com/drive/folders/1Kqt78Nd335iRbrgv7qCBLH1piOREIJup?usp=sharing

 

・この動画は現役の機械設計エンジニアが作成しています
・講師は3D CAD歴26年、機械設計技術者1級を取得しています
・色覚弱者の方にも無理なく見ていただけるように、配色に配慮しております
#機械設計CADの学校動画一覧 #機械設計 #inventor

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。