高硬度金型の最新荒加工

協力:株式会社C&Gシステム

被削材:SKD61(50HRC)
使用機械:立形マシニングセンタ
切削油剤:エアブロー
ホルダ:焼きばめホルダ
使用工具:
アディティブ・マニュファクチャリング用エンドミルAM-HFC

アディティブ・マニュファクチャリング(金属積層造形)の切削加工には高硬度で不安定な切削代を高能率に加工する技術が求められます。OSGの超硬高送ラジアスエンドミルとCAM-TOOLの等高線高効率荒取りモードを組み合わせることにより、高品位かつ高効率な加工を可能にします。金属AMに限らず、金型の生産性向上には、加工時間の多くを占める荒加工の能率向上が欠かせません。オーエスジーのエンドミル「AM-HFC」を活用した駆け上がり・負荷軽減パスと新工法により高硬度な金型の荒加工時間を大幅に削減します。

関連記事一覧