【機械加工 マシニング プログラム】

NC化する世の中で機械加工も対話式の機械やプログラム支給といった職人がいなくても機械は動く時代になってきましたが、100%というわけにはいきません。急ぎ、精度、現合、など、残り数%の難易度の高い仕事を何気なく瞬時にこなしてこそ本物の仕事人と言えるでしょう。その為にも日頃の何気ない雑学と他人のやり方の知識を吸収する事が一番の近道である事を若者に知って頂きたい。「対話式なので計算する必要ないよ。」と言う方、そこまでです。「対話式なので計算する必要はないが勉強しておこう。」この差がゆくゆく技術力の差になってくる事でしょう。このプログラムは4軸5軸加工機になると簡単に出来ますが3軸縦型マシニング、NCフライス盤でひたすら頑張っておられる熟練者の方にとっては刺激になる動画ではないかと思います。オプションによって機械が動いてくれるかくれないかは別として是非、数々の勉強をしてチャレンジして頂きたい。動かなくても
それはそれで価値のあるチャレンジと言える事でしょう。
「技術力は苦労と失敗、チャレンジの数に比例する」by,mitsushige okazaki
注意、「駆け上がり」の命名は mitsushige Okazaki です。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。