作業ミスを予防する!ヒューマンエラー要因4分類とは?

この動画は製造業の品質改善解説書シリーズ(社内研修用テキスト)のダイジェスト版です。
高崎ものづくり技術研究所では、自己学習、社内研修用に、音声解説付きDVDテキストを提供しています。詳細内容、お申し込みは、高崎ものづくり技術研究所ホームページよりお願い致します。

高崎ものづくり技術研究所は現場ですぐ使える品質改善手法・ツールの研究を行っている
日本最大級の品質管理情報専門サイトです。

 

【書き起こし】作業ミスを予防する!ヒューマンエラー要因4分類とは?:DVD版若手リーダー品質改善テキスト:高崎ものづくり技術研究所

(00:03) ヒューマンエラー要因4分類 1工場における要因分類の考え方 この図のように今日山の一角であるべき事を書く処理プロセスでどんな行動があるのか を分類し物理的な対策を講ずるだけでなく人の作業を取り巻く品質管理上の要因で分類 し 仕組み上の対策をする 必要があります ヒューマンエラーのプロセスモデル人間型プロセスでは理解力判断力があり 臨機応変に対応できるが国家ミスを起こす人間の処理を正しく行うための管理が必要に なります 機械系プロセスでは決められた通り動作する 長時間の繰り返し作業について期待の処理を正しく行うための管理が必要になります このように技術が進んでも最終的に安全対策と管理は人の手に委ねられています したがってエラーは機械化によってもゼロになることはありません 特に変化の号キー多品種少量生産工場ではプロセスを生み出す管理上の要因に注目する
(01:12) 必要があります どのような要因があるのか一緒に見ていきましょう 1 情報要員 内容の正確性スピード製到達性コミュニケーション手段に 教育訓練要因 正しい手順を守るための基本作業の教育訓練さん ハード要因 家工具設備作業環境4 ソフト要因彫りにくい作業寛骨作業 子 組織風土要因 ルール順守のフード役割と責任 品質管理の浸透度などがあります それではそれぞれ詳しく見ていきましょう それぞれの要因と対策について次が挙げられます 1 情報の要因 正確な情報がタイムリーに伝わらない対策方法は ほうれん草のツール帳票通知機能を使う 会議
(02:14) 朝礼部署間連絡会議を有効に利用する 2 教育訓練の要因 確実に作業を実施していない対策方法は 自工程完結指差し呼称 次工程検査ヒヤリハット申告を怠らない ルール遵守 周知する守れないルールを放置しない 教育関連 ojt 作業認定を実施する 3 ハード上の要因 設備機械二部5 s の不備 対策方法は yag の工夫測定二部検査自分 設備の自動化アラーム停止 作業環境温湿度照明人間工学に基づく改善 表示目で見る管理見える管理 声3 p a そうにんぐ 4 作業ソフト上の要因 作業方法判定方法対策方法は やりにくい作業
(03:17) 宝具の工夫作業手順の改善作業者の負担改善を行う 昨日寛骨の作業技能訓練 ojt 機械化 it 化をしっかりと行う 感覚に頼る作業 判断騎乗をべじたる化する日本の作成 ヒヤリハット作業 作業者の気づき管理監督者の気づきを共有できるようにする 組織風土要因については品質管理の仕組み改善だけでは解決しないためこのセクション では外してあります 後ほど48ページで詳しくご説明させていただきます 対策のポイントは排除だいたいか 容易化をするためにこちらの4つが重要となります まるいち人の負荷増とならないことマルニ人と機械の作業の棲み分け まるさん守れないルールは治すこと丸44風土を醸成すること常に表示 文化周知守らせる見直しの順番で何度も繰り返すことが大切です

関連記事一覧