ヒューマンエラー未然防止3つのしくみ:New 品質管理の基本シリーズ

【書き起こし】ヒューマンエラー未然防止3つのしくみ:New 品質管理の基本シリーズ:DVD版若手リーダー品質改善テキスト:高崎ものづくり技術研究所 

(00:00) プープー 動画をご覧頂きありがとうございます このチャンネルは製造業の品質管理について古い価値観を捨てて時代に合った新しい 品質管理の考え方を理解していただくために制作しています 今日は90000エラー御膳予防3つの仕組みについてお話ししたいと思います ヒューマンエラー御膳予防の仕組みは製造準備から製造工程検査工程まで 上流から下流の3つの工程でそれぞれ必要な対策項目から成り立っています従来から 行われてきた ポカ夜明け自分の作成 表情わかりやすくするなど現場のしたい 現場したいの対策だけではヒューマンエラーは防ぐことはできません た銀朱少量生産工場で品種ごとに岡谷で授業を作っていたのでは効率が悪く 生産が成り立ちませんね
(01:04) では具体的な仕組みについていくつか解説していきます まず qc 工程ですが当然量産が始まる前に作成され 試作段階で検証されていることが必要です左側は皇帝の作り込みに関する管理項目で どのような方法で どんな機械を使ってぞの材料を誰が加工し記録するのか グラムの項目すべて抜け漏れがなく記載されていなければなりませんその作業の結果 品種特性をどのような手段で度の測定器を使って検査するのかそれを規定 するのが右側の特製の角印弾です しかし qc 工程図がこのような項目すべてが記載されている これはごくまれです 皆さんの工場の qc 工程図はどのようになっているのかもう一度よく確認して いただきたいと思います 次は作業分析と改善です これは qc 工程図に従って実際に作業を行い問題点を見つけて改善する才能のこと
(02:15) です 量産の立ち上げ段階で行うことで qc 工程図や作業指示書の不備や作業のやりにく さを修正することでミスを大幅に減らすことが可能となります ほとんどの場合この作業靴フット改善が不十分なまま 量産に入ってしまうためにミスが多発してしまうのです 管理監督者は作業をじっくり観察し 問題に気づくことそして問題が発生する前に開設することが最も重要なミス防止対策と なるのです 製造準備段階から量産に移ります 実際の製造段階では様々な変動が発生します これを4 m 変動と言います製造工程における主な管理はこの4 m 変動に対して いかに素早く対応できるかにかかっています 加工品のバリ取り作業が頻繁に発生する機会のチョコ停が多くなってきた このような異常原書を早い段階で察知して不良な髪を食い止めるのが現場の管理監督者 の役割ですこの非常に早く気付くための異常の発生を見える化する
(03:28) この事が 重要なポイントになります 最後は検査工程です検査の役割は一言でいうと 不良外に絶対に出さないことです そのためには出荷停止工程ステップストップの権限を持たせることです 脳筋遅れ様がお客様が張っていようが絶対に不良を流してはいけないのです そのような強い権限を持っている低差分はほとんど見たことがありません 不良充実0これが計3部門の役割であることをよく理解する必要があります はい以上3つのそれぞれの工程における ヒューマンエラー未然防止の仕組みの概要についてお話をしました 詳しい内容は動画説明欄にリンクを貼っておきますのでご覧ください またチャンネル登録よろしくお願い致します [音楽]

高崎ものづくり技術研究所は
現場ですぐ使える品質改善手法・ツールの研究を行っている
日本最大級の品質管理情報専門サイトです。
★ブログサイト:http://factorysupport-takasaki.com/
★公式サイト:http://monozukuri-takasaki.com/

★セミナーのお申込み
http://factorysupport-takasaki.com/article/438028040.html
★DVD版解説書のお申込み
http://factorysupport-takasaki.com/article/443490861.html

★無料会員登録
https://mailform.mface.jp/frms/bintian/7dd3n1q4v1n4
★無料メールマガジンバックナンバー
http://factorysupport-takasaki.com/category/27321848-1.html

従来、ヒューマンエラー防止対策として、ポカヨケ治具、表示などの現場で行う対策が主体となっていました。
しかし、多品種少量生産工場では、現場の対策だけではミスの防止は難しくなってきました。そこで、製造準備段階から検査工程まで、それぞれの役割に応じたミス未然予防の「しくみ」の構築が重要になってきました。

無料書式フォームのお申し込みはこちらから
https://mailform.mface.jp/frms/bintian/butgpmwb9qwa

関連記事一覧