品質管理の基本シリーズ(1)お客様第一主義では品質は良くならない! いわれた通りのモノを図面通りに作っても顧客の望む製品はできない。

高崎ものづくり技術研究所は
現場ですぐ使える品質改善手法・ツールの研究を行っている
日本最大級の品質管理情報専門サイトです。
★ブログサイト:http://factorysupport-takasaki.com/
★公式サイト:http://monozukuri-takasaki.com/

 

【書き起こし】品質管理の基本シリーズ(1)DVD版若手リーダー品質改善テキスト:お客様第一主義では品質は良くならない! いわれた通りのモノを図面通りに作っても顧客の望む製品はできない。

(00:00) [音楽] みなさんこんにちは 新崎ものづくり技術系っていうさ 生なんですね 6よろしくお願いします 今日は皆さんと一緒に 感じの本 について 考えてみたいと思います どうぞご清聴よろしくお願い致します ぐうっ 答弁救助は技術管理基本として以下の7つの項目を考えています a そのうちのまず第一番目お客様第一主義とは何かについて これから考えてみます よく企業訪問すると応接室や社長室にお客様第一主義という刑事が目に入ってきます しかし社員はお客様第一住みをどのように理解して仕事に活かそうとしているでしょう
(01:09) か また 弊社はお客様第一主義をどのように理解し経営に生かそうとしているでしょうか [音楽] スローガンを掲げるの良いのですがでは 実際どのような行動に結びつけていくのか具体的に示している企業は少ないと思います 実は お客様から言われたものを言われた通りに作っているのお仕事としている企業の多くが 赤字経営に陥っているのです 品質管理では お客様視点に立って お客様の期待に応える銀朱さんには求められています しかし 市場で検査合格品から不良が発見される 点差を不正に実施して規格外品を出荷している また評価テストで合格しても非常で故障が起きるん このようなことはお客様視点に立った秘密幹部が実施されていないということです
(02:19) 検査合格ん評価テスト合格 これではお客様の期待に応えられません 今までの古い考え方の皮膚管理のをやめることです 時代の変化に対応できる新しい品質管理の考え方に変えていくこと お客様の期待とは何かお客様で信頼とは何か このようなことを考えてる事が必要になっています お客様の期待に応える品質管理の各 c は気づくこと 続きこの重要性 仕事の中に発見の仕組みを組み品 これからの品質管理は隠れた問題に気づくこと言い 重点をおくべきです 例えば 設計者が設計時点で問題に貴族 製造工程で作業者管理者が非常につづく 手遅れになる前に人が気付くということが
(03:26) 一番重要なことです [音楽] そして 今の時代もっとも 重視しなければならないの潜在するリスクへの対応ですね pl 法では製品の欠陥の有無が重要視されます [音楽] 血管があればメーカーは提示されていた ということが 考えられます 製品の欠陥は次の3種類に分類されます 設計上の欠陥製造上の結果 そして知事渓谷上の欠陥です これらの血管が もし市場へ流出した場合は 事故や災害につながる恐れがあります そこであらかじめ設計工程製造工程で 仕様で発生シュール 潜在的不具合をすべてを洗い出す仕組みづくりが必要になってきます それではなぜ 潜在不良が非常に流出するで得るでしょうか
(04:33) [音楽] それは 一つは 以上 それからお客様の情報は100%図面に表すことができません それから上流工程から下流工程に行くにしたがって 受けは立つ情報は徐々に欠落します このことによって 期待する品質 形の見えない情報 このこれをできるだけ設計図面に反映する製造図面に反映する この事が必要になってきます その情報の欠落を防ぐ対策としては 客さまとコミュニケーション 同型艦アプリケーションこれが重要 ん adele

★セミナーのお申込み
http://factorysupport-takasaki.com/article/438028040.html
★DVD版解説書のお申込み
http://factorysupport-takasaki.com/article/443490861.html

品質管理とは何を目的に、誰がどのような管理を行わなければならないか?基本に立ち返って改めて考えてみます。
「品質管理の基本」についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
http://factorysupport-takasaki.com/category/26364660-1.html

関連記事一覧