熱処理の種類と特徴~検査及び品質管理方法のポイント

熱処理は、金属材料に熱を加えて、冷却することで、組織や性質を変化させることです。
特殊工程として、特別な品質管理が求められる工法です。
加える熱の温度や保持時間、冷却の仕方やスピードなどの条件を変えることで、様々な組織や性質の変化を引き出すことができます。
熱処理の違いと特徴について解説します。
consultsourcing corp.

 

 

【書き起こし】熱処理の種類と特徴~検査及び品質管理方法のポイント

(00:00) 熱処理は金属材料に熱を加えて冷却することで組織や性質を変化させることです 加える熱の温度や保持時間冷却の仕方やスピードなどの条件を変えることでさまざまな 組織や性質の変化を引き出すことができます それでは熱処理の違いについて見ていきましょう 熱シュリには3つの目的がありその目的に応じてさまざまな熱処理方法があります 熱首里の代表的な目的は硬くすることです 硬くすることで金属の強度や耐摩耗性を高めます 二つ目の目的は超出です 金属は結晶状態や粒度 可能物の分布状態などによって様々な組織 携帯を示しその組織形態によって機械的性能が異なったり不安定になったりします 狙いとする機械的性能を得るためまた安定させるために金属組織の形態を変化させたり 調整することが超出です
(01:11) 最後は残留応力の除去です 金属は加工や熱処理によって部分的に強い力がかかったり棒 膨張収縮の方向やスピードの違いなどから内部に応力が山牛した状態となることがあり ます 熱処理によってこの残留応力を除去することができます 硬くする方法にはバッチ路や連続路などによって加熱と冷却を行う焼入れがあります 高周波によって部分的に加熱し 焼入れを行い硬くする方法もありますつは炭素の含有量が多くなることで 焼入れ性が高まります そこで部分的に炭素が入寮を固めてその部分だけ神戸や強度を高める方法が浸炭焼入 です 長室には焼入れ後その硬さを調整するための焼き戻しがあります 焼き物氏は硬くする目的の熱シュリとも言えます 加工性を高めるために材料高度を下げるのが焼きなましです
(02:19) 不均一な組織の状態を均一にし期待的性質を安定させるのが焼き慣らしです 残業応力の除去は焼なまし焼鳴らしによって行うことができます このように熱処理方法にはさまざまな形態があり 狙いと特徴がありますこれら 狙いと特徴に応じた品質管理が求められます 焼入れ焼戻しは路などに材料を入れて加熱と冷却を行います ヤスや電気によって加熱し材料の組織が変化する変態店温度以上にします 材質やねらいとする硬さによって温度や保持時間を調整します 水や油などに入れて急冷することで 焼入れができますやっ喜入によって鋼材の組織は マルテンサイト化し硬さが増します 材料の炭素含有量その他の化合物の調教 冷却方法やスピードによって焼入れによる硬さの程度は変わります
(03:28) 狙いの硬さとなるようにこれら条件を管理します 行っキーれした材料はそのままでは 片隅ても6割れやすいので焼き物しによって硬さの調整と人生を高めることで割れ にくくします 焼き戻しも炉内で加熱しゆっくりと冷却させます 加熱温度冷却スピードを調整して 狙いの硬さや割れにくい組織となるようにします 焼き入れした鋼材の組織はすべてがマルテンサイトかせず一部オーステナイト組織が 残留しています この残業オーステナイトがコード低下や割れ 返球を引き起こす場合があります大偉業を液体窒素などによって zard いかに 冷やして山喜 オーステナイトを取り除きマルテンサイト化させる方法がサブゼロ処理です 残業オーステナイトが問題となる材料を熱処理する場合はこのサブゼロ処理工程を追加 する必要があります
(04:33) では焼入れ焼戻しの特徴を整理しましょう やっ喜入によってコードがアップし耐摩耗性を高めることができます 部品の強度やたい疲労性を高めることができ 焼き戻しによって人生も高めることができます 行っキーれをすることで材料の耐食性も高まります 焼きなまし焼き慣らしは焼入れ焼戻しと同じように材料路などに入れて加熱と冷却を 行う処理です 焼きなまし焼き慣らしの違いはその目的と 前後口径の関係から整理すると理解しやすくなります うぎゃキナましは 一作や鍛造プレスなどの過去を容易にするために材料を柔らかくすることを目的として 行います また組織を均一化するためにも行います組織が不均一のまま加工すると変形や反りなど が大きくなり精度低下を招きます
(05:39) 8 聞いれなどではコードや郷土の村残業力を増加させる原因となります 焼き慣らしは鍛造や急増で発生した応力や組織の村を除去することを目的として行い ます 鍛造や鋳造はその加工方法の特性上 内部に応力が残留します この能力を残したまま切削加工や熱処理を行うと歪み哀れ 焼入れ村などが発生します 焼き慣らしは肝臓や鋳造した後に処理することでこの残業力を除去します また組織の微細化のためにも行います 鍛造や急増などでは材料を圧縮した 溶けた状態から冷却することで組織が潰れたり変形していたりします このままでは強度などの機械的性質が低かったり ばらついていたりします また加工や焼入れでの精度不良や焼入れ村の原因にもなります 焼き慣らしでは変態点以上に加熱して組織を再結晶化させて青龍化し冷却た体で微細化
(06:51) させます 組織を整流化し微細化させることで均一化がされ 強度や人生を高めることができます 新谷やキーでは表面層に炭素を浸透拡散させた上で焼入れすることで炭素が浸透した 表面層のみコードを高めることのできる処理方法です まずプロパンなどの簡素を浸透させる成分を含んだ 雰囲気が州内で材料を加熱します 咽頭される温度になるとが州内の炭素が来了表面から浸透し拡散していきます 炭素とともに窒素も同時に浸透させる方法もあり 窒素を浸透させることで焼入れ性の好調 変形歪みの軽減コード低下の防止ができます 女事務など炭素を浸透させたくない部分つまり コードを高くしたくない部分にはヴォータン山などを塗布して 炭素の浸透を防ぎます in tango はいったん冷却し通常の焼き入れ焼き戻しと同じように処理を行い
(08:01) ます 新刊した材料は表面層と内部で炭素含有量が異なるなど組織さがあるのでそれらを加味 した条件ねの焼き入れ焼き戻しを行います では浸炭焼入の特徴を整理しましょう 浸炭焼入は部分的焼入れファンよ自由に設定できます 表面が硬く内部が柔らかいので接触したり 修道したりする表面の耐摩耗性を高くし同時に人生も高めることができます 表面の神湯荘を高炭素状態とすることで硬い硬化層を作ることができ高い耐摩耗性を 得ることができます 高周波焼入れば高周波を発生する コイル内に材料を入れて表面層のみ加熱し 急冷することで焼入れする処理方法です コイルによって誘導加熱される部分のみを焼入れすることができます 他の焼き入れ方法と同様に焼き物氏は必要です
(09:09) ホイールの中に材料を入れるだけで焼入れできるため省スペースで部品加工のラインに 組み込むことも容易にでき 加工と熱処理を一つのラインで一貫して行うことができます 高周波による部分て 気が過熱で済むため加熱時間も瞬間的に行われ 短い熱処理時間で生産性の高い処理方法です ホイールによる誘導電流の制御で加熱温度や時間を自由にコントロールでき自動化も 容易です 審判などに比べて2以降仮想が得られ 範囲深さ硬さなどの処理条件の自由度も高いものとなります

関連記事一覧