購買先とのトラブル防止管理

購買管理においては、自社の仕事だけでなく、購買先の中での仕事が、日常的に定常かつ正常に行われることを管理しなければなりません。
日常、定常、正常ではない状態を非日常、非定常、異常と言います。
このような状態となったとき、品質、コスト、納期において、様々な問題が発生し、自社と購買先とのトラブルへと発展します。
このようなトラブルを想定して、予防処置することがトラブル管理の目的です。
コンサルソーシング株式会社

 

【書き起こし】購買先とのトラブル防止管理

(00:00) 製品やサービスの品質コスト納期を確保するためには日常の中で適切な管理がされてい なければなりません 定められた手順や条件で正常な状態が維持された仕事によって適正な品質コスト納期が 達成されます 購買管理においては自社の仕事だけでなく購買先のなかでの仕事が日常的に定常かつ 正常に行われることを管理し なければなりません 日常低張性上ではない状態を非日常 否定所以上と言いますこのような状態となった時 品質コスト納期においてさまざまな問題が発生し二世と勾配先とのトラブルへと発展し ます このようなトラブルを想定して予防処置することがトラブル管理の目的です 正常な超大が崩れて異常な超たいとなった時に勾配先とのトラブルは発生しやすくなり ます
(01:08) このトラブルの未然防止を図るのがトラブル管理です 勾配先とのトラブルにつながる異常な超大はコミュニケーション部の以上 再編か変更に伴う 以上契約や管理上の約束における以上があります これら以上に対して適切な管理と対応ができないと勾配先とのトラブルへと発展して しまいます コミュニケーション以上への予防処置は窓口と責任者の明確化と取り決め 適正な連絡方法の確立があります 西変化変更に伴う異常への予防処置は改訂情報管理 変化点管理があります 約束における以上への予防処置は管理などの標準化と文書化以上処置管理 異常時のコストの取り決めがあります それではこれら予防処置について一つずつ説明していきましょう 最初のコミュニケーション以上の予防処置は窓口と責任者の明確化です
(02:16) 勾配先との取引ではさまざまな人が関わっていますし 関係していない人もいます通常は関わりがないけれど何か問題があった時に連絡し なければならない人もいます 特に問題が発生した時は日常では関わりのなかった人に連絡しなければなりません その時誰に連絡すればいいのか誰が責任者で決定権や指示金を持っているのか判ら なければ適切な連絡ができず問題を拡大 させてしまいます 二世と勾配先相互の窓口と責任者を明確にしその情報を共有しましょう 特に責任者は責任の範囲によって人が変わります 契約上の責任者日々の取引上の管理責任者など責任範囲別に誰が席 任者なのか明確にします 次のコミュニケーション以上の予防処置は連絡方法を確実にするです 連絡方法を確実にするポイントは4つあります
(03:27) 最初のポイントですう何か変更情報や追加情報などを連絡するとき 憶測や願望に基づいて i ないな情報連絡してしまうと郊外先からの信用を失ったり 勾配先へ損害を与えたりします 曖昧な情報や憶測情報は郊外先を混乱させるだけです 情報は技術決定事項だけを伝えましょう 次のポイントはタイミングです 勾配先への連絡を頼まれたとき勝手に伝えるタイミングを判断して購買先の仕事が完了 した後に連絡していては何も連絡していないのと同じです 郊外先での仕事が無駄となりやり直すことになります 遅い連絡がトラブルの元です 郊外先での仕事の進行を把握していないにもかかわらず勝手に連絡のタイミングを 遅らせたことが最大の原因です 連絡は情報を受け取ったときすぐに行いましょうミンソクな連絡が不要なトラブルを
(04:37) 防ぎます 緊急に連絡すべきことをメールで行うとどうなるでしょうか 間違いなく事態は悪化します緊急連絡はメールなどの媒体を経由した手段で伝えては いけません 必ず伝えなければならない相手に電話などによって直接使えます 緊急時の連絡方法のポイントは直接話すです おおおおおおおおおおおおおおおおおおおお 最後の連絡方法のポイントは確認です 重要な情報を連絡するときメールなどで送ったことによって完了したとして良い でしょうか相手に届いたのか 相手は見たのかわかりません連絡は相手に届き 相手が見た ことによって完了です重要な情報は伝わっていないことで大きな問題となります 重要な連絡をするときは相手に情報が届きそれを見て伝わったことを確認して完了です 重要な情報は相手が内容を見て理解なり
(05:47) 了解したことの返事をもらうようにしましょう 緊急性が伴う場合は電話などで直接届いたことを確認します メールソフトの開封通知機能を使う方法もありますがこの機能はメールをクリックした ことを機械的に変身するだけです 相手が情報を認識したということは確認できません これがトラブルの原因となることも多々ありますので可能な限り相手からの 園児によって確認しましょう 続いて西変化変更に伴う異常への予防処置は大抵情報管理です 妻や変化変更に関する情報は大抵情報としてやり取りされることが多いです会計情報を 曖昧に扱い 適切な管理をしてないとトラブルは発生します ああああああ 海底には無い深い底と外部改定があります 内部改定は部門内など限られた組織の中にのみ変更の影響が出るものですですからその
(06:56) 組織の外に改定を伝える必要はありません ライブ改定は部門な など限られた組織内で完結するものではなく社内の他部門 顧客や購買先に変更影響があります 関係する部署や購買先顧客などに伝えなければなりません 内部会計と外部会計の違いを整理しましょう 内部か ak とは組織の外にリリースする必要のないものであり 誤字脱字や支えが間違いの修正 かつ他の修正反映を直ちにする必要のないものです またリリースする予定日前の外部改定で内部的に改定を進めているものである場合も あります ライブ会計とは組織の外にリリースするものであり機能の強化 追加変更などの情報が含まれています 海底が発生した場合それが無い深い体なのか 外部改定なのかを明確にし郊外先に対してタイムリーかつ正確に改定情報を伝える管理
(08:05) をしましょう 西変化変更に伴う異常へのもう一つの予防処置は 変化点管理です変化点管理は4 m 変化点検等シートなどを使って仕事のリソースで ある 1設備方法材料や部品などの変化を監視し管理する方法で すっ 日々の仕事では人が入れ替わるいつもより材料が固いなどさまざまな変化が発生します この変化によって製品やサービスの品質へ悪影響が起きないように 以前に防止することが変化点管理です まず郊外先での光景や手順ごとの変化点を把握しますその変化による 心配点を検討してその心配点が品質不良 とならないように管理策を検討します 管理策について勾配先と内容や実施のタイミングについて取り決めします 郊外先の変化点だけでなく自社の中の変化点についても管理しましょう

関連記事一覧