レンズアレイ加工

レンズアレイ加工は、光学レンズの一種であるレンズアレイを製造するための精密加工技術です。レンズアレイは、複数の小さなレンズが一定の規則で配置された構造で、光学機能性を持つデバイスや機器で広く使用されます。例えば、光通信、医療機器、センサー、ディスプレイなどの分野で応用されています。
精密切削加工: 高精度の切削工具を用いて、光学ガラスやプラスチック素材の表面を削り出す方法です。ダイヤモンドターニングやウルトラプレシジョンミリングなどの技術が適用されます。この方法は、高い表面精度や複雑な形状の加工が可能ですが、コストが比較的高くなります。
レンズアレイ加工では、素材の選択や加工条件、表面仕上げ技術によって、製品の光学性能が大きく影響されます。そのため、適切な加工技術や品質管理が重要となります。また、環境や温度の影響を最小限に抑えるための制御も求められることがあります。