第16回 引張強度と降伏強度【 MONOWEB(材料力学編)】

・材料が破損しない目安となる機械的特性が引張強度
・引張強度はその材料が持つ限界の強度となる
・降伏強度は材料が降伏するときの強度

について学べます。

 

【書き起こし】第16回 引張強度と降伏強度【 MONOWEB(材料力学編)】

(00:00) car ません 材料力学の基礎を学ぶ part 6引張強度と降伏強度 このパートでは引張強度と降伏強度について学習します このパートを学習することでものが壊れる時の強度にはどのような種類があるのか理解 できるようになり ますそれでは早速本題に入っていきます 引張強度 引張強度は設計者が効かや工業製品を設計する上で考慮しなければならない機械的特性 の一つです 使用する部品には最大どのくらいの荷重がかかるのか想定しその果汁で破損しない材料 を選択する必要があります 材料が破損しない目安となる機械的特性の一つが引っ張り強度です 引張強度について南港の応力ひずみ線図を使って解説していきます
(01:08) 参考に分類される代表的な材料に ss 400があります ss 400は機械設計で汎用的に使用される材料です こちらの材料を用いて引っ張り強度について解説します グラフは前回の part でご紹介した 応力ひずみ線図です応力ひずみ線図は材料によって描かれる奇跡が異なります グラフに示す線ずは南港のものを示します 応力ひずみ線図はその材料の機械的特性を 表しています その一つに引っ張り強度があります 引張強度は設計者が効かや工業製品を設計する上で考慮しなければならない機械的特性 の一つです使用する部品には最大どのくらいの荷重がかかるのか想定しその果汁で発射 損しない材料を選択する必要があります 材料が破損しない目安となる機械的特性が引っ張り強度なのです
(02:17) 材料に力を加えていくと上下方向に伸びて変形し最後は破断します 材料は図に示したポイントの男性言動までは 加えた果汁を止めると材料が伸びていても元の長さにちゃんと戻りますしかし男性言動 を超えた場合は元に戻ることができません したがって設計する場合はこの男性限度内にを サマル歪み量となるように席巻します そしてさらに果汁を加えていくと 降伏点に達します降伏点に達した後は材料に亀裂が入り 一旦荷重が抜けます そしてした降伏点に至ります その後さらに荷重がかかり最大の応力を迎えます 最大の応力がかかった状態を引っ張り強度と言います従って引っ張り強度はその材料が 持つ
(03:19) 限界の強度となります また降伏強度も同様に設計する際によく利用される強度であり図に示すした降伏点が これに該当します 主な材料の引っ張り強度を表に示します 設計時には使用する材料の引っ張り強度や 降伏強度 jis や鋼材メーカーのカタログで調べて利用します以上 引張強度と降伏強度について説明しました 引張強度はその材料が持つ限界の強度で降伏強度は材料が降伏する時の強度となります この動画シリーズでは材料力学を設計で使えるようになるために必要な基礎知識となる 次に示す内容を解説しています ぜひもの web にチャンネル登録をお願いします [音楽]
(04:22) ん

【メルマガでも設計に関する情報を配信中】
全18冊の無料PDFテキスト付き
登録はこちらから → https://d-monoweb.com/flpmb/

【関連記事】
引張強度と許容応力と安全率
http://d-engineer.com/zairiki/anzenritu.html

 

関連記事一覧