シーケンス制御講座 応用命令編(数値表現の種類)

説明

 

【書き起こし】1.シーケンス制御講座 応用命令編(数値表現の種類)

(00:05) blc はあらかじめ決められた順序に従って処理される 保身制御を行います この時ビットデータの音の二制御を行います タイマン演算カウンター演算リレー演算を用いていう接点離塁回路と同じ機能を有し ます しかし plc には特有の演算機能があります それらはマスターコントロール演算サブルーチン演算 数値演算などがあります 実際の加工設備は測定値処理や加工地処理などの数値処理を行います 本講座では数値処理に関する基礎知識を中心に シーケンスプログラムの王様命令の学習を行います blc は用途や目的によって異なる種類の数値が用いられます
(01:20) 今節では三菱電機製の plc お礼に数値の種類について解説します これは f シリーズのシーケンサーです 10進数は最も一般的に使用されている数値で0から9の10種類の記号で表現され ます 0から9まで数が進むと12桁上がりをしてさらに数が進みます シーケンスプログラムで話題マーチカウンター家に用います これらを数値指定するときは数値の戦闘に計をつけます 2進数は1と0の2種類の記号で表現されます これはタイマーやカウンターの設定値 現在地など plc が内部処理するために使われます 例えばシーケンスプログラムでダイマー設定値を計25と10進数で入力します
(02:35) dlc ではその内部処理のために 2進数に変換します 処理後再び10進数に変換してタイマー現在値として表示されます このような処理を行うためラダーでは目に触れることはほとんどありません しかし2進数はデータレジスタの確認や操作に必要な知識になります またビットデバイスの on off 情報を受けた指定で数値化する際にも必要な 知識になります に進化10進数は10進数の各桁の数字を2進数で表現するものです 10進数で表示される各桁を構成する0から9の各数値を4ビットの2進数で表現し ます
(03:42) これはディジタルスイッチや計測器から数値を取り込むときに使用します また7セグメント表示機に数値を表示させる時にも使用します 初めての方には表現が少し難しいと思います 詳細は実例を交えて後述します dlc が扱うデバイス番号について解説します f シリーズはデバイス番号がゼロから7まで進むと10に 桁上がりをします 入出力ともに扱えるデバイス数は型式により様々です イラストで入力 x-端子を見てください x0から x7まで 端子があります f シリーズは発展単位ではカバンからデバイス番号が割り付けられます
(04:53) 合うデバイス番号が増えると桁上がりをして x10から x17となります これは出力についても同様です 一方で上位機種となる9シリーズでは扱うデバイスが少し異なります q シリーズはデバイス番号がゼロから f まで進むと 10に桁上がりをします ディバイス番号がゼロから f までの16点単位ではカバンから割り付けられます 入力 x 出力は最もに 16進数表現になりゼロから f の16店の扱いになります ユニット数が増えてデバイス番号が増えるとさらに桁上がりをして10から1 f 20から2 f となります これは出力ユニットでも同様です

関連記事一覧